5753 あおり男のインスタグラム

まぁそれほど面白いものでもないのだけど…インスタグラムを見る機会はほとんどないのだけど、あおり運転の容疑者が、インスタグラムをやっているということで、ふだん、ほとんど見たことのないが、せっかくなので?見てみた。

ネットニュースなどで紹介されていたような料理や車の写真が並んでいる。

これといっておもしろい内容ではなく、いわゆる“インスタ映え”するような写真でもない。

でも、おもしろかったのは、ここに寄せられたコメントだ。

コメントが・・・カレーを箸で食べるのか?とか、何でもフラッシュをたいて写真を撮るなとか、思いつく限りの罵倒の数々。

散見されたのが“ハゲ”という言葉。

こんなところにコメントを入れても、あんまり意味がない気がするのだけど、コメントを入れる人たちにとっては、意味があるかどうかなんて、別に関係もないのだろう。

でも、普段使わないような暴言や、人に投げかける言葉として適切ではない言葉などを見ると、ちょっと騒ついた感じがしてしまう。

もちろん、あの動画を見たら、見てるだけでもイライラしてくるし、ギャフンと言わせたくもなる。

けれど、こういう人間は、何を言っても通用しない…あの動画を見たらわかる。

だから、何を言ってもいいのだ…というと、それはまたちょっと違う気もする。

彼のインスタグラムによって、彼との接点ができたところで、カッとなって暴言を吐くというのは、内容は全然違えど、この男と根本的なところで変わらないの気がしてしまう。

インスタグラムに寄せられたコメントを笑う自分も、なんだかなぁ…とも思うけど、それくらいならいいか…なんて思ってしまうのだけど。

2 thoughts on buy viagra online with paypal5753 あおり男のインスタグラム

  1. ロンさん
    犯罪者の挙動や言動って
    コントっぽく感じる瞬間があります。
    決して笑いごとではないはずなのに
    ドリフとか他のコントで見たような
    既視感というか。。。
    特にクレーマー系なんかは顕著で
    困った人、迷惑な人に困惑させられる
    被害者の様子が笑いにつながってたような・・・

    やはり犯罪は滑稽寄りなのかな?と

  2. ≫ ぶりさん
    それは言えてますね。
    被害に遭われた方にしたら、ちょっと不謹慎になってしまうかもしれませんが、
    どこか笑いにつながっている感覚ってありますね。“タブー”が笑いの
    対象になることを考えれば、意外と近いものなのかもしれません。
    そして、芸人にしてもこうした犯罪者にしても、決してふざけてるわけではなく、
    あくまで真剣だ…というのも共通してます。
    もちろん、その目的は大きく違いますけれど…(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください