5746 東京都美術館企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」

まだまだ明るい会社からの帰りがけに、東京都美術館へ。

今日は開館時間が延長されていて、21時まで鑑賞できる。

夏至から1ヶ月半経ったが、18時台ならまだまだ明るい。

夏休み期間とはいえ、もうこれくらいの時間ともなると空いている。

企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を鑑賞する。

伊庭靖子展おじゃこにこの企画展のことを教えてもらうまで知らなかったが、伊庭靖子は、自ら撮影した写真をもとに写実的な絵画を制作するアーティストだそうだ。

一瞬、写真にも見える、クッションや器…これは、どれも彼女の描く絵画だ。

写真と見間違えそうになるくらい、かなりリアリティのある絵だが、よく見ると、写真では表現できない“何か”を感じ取ることができる。

その何かというのが、その場の“空気”とか“雰囲気”といった、通常描かれないようなも…のような気がした。

一部は写真撮影可能一部の作品が撮影可能だった。

初めて取り組んだという映像作品は、目の焦点を意図的にずらして見る、ステレオグラム (立体視)だったが、僕には、砂嵐にしか見えなかったのは残念…。

苦手なステレオグラム以外は、しっかり”見えた”気がする。

写真みたいだけど… 眼に見える以外のものも見えてくる気がする

写真のようにリアリティがあるけど、実際は描かれた世界…というちょっと不思議な体験ができた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください