5743 ハッとした

ちょっとした投稿

ピザハットの「ハット」は帽子ではなかったという衝撃のニュース?にはビックリだ。

イエローハットが、同じ“ハット”つながりで、8月10日をハットの日として、ロゴマークまで作って提案したところ、実は、ハットは帽子という意味ではなく、小屋を意味するhutだということだということが判明。

こんなロゴ?まで…ピザハットの帽子に見えるロゴは、どうやら小屋…らしい。

いや、帽子をイメージしてるとしか思えないのだけど…。

ここで、ハッと思い出した店があった。

リンガーハットだ。

〇天を思い出すロゴちょっと前に、リンガーハットのロゴは、楽天みたいなちょっとダサい感じのロゴに変わってしまったが、以前は、赤いとんがり屋根が付いていたことを考えると、hatではなく、hutに違いない。

リンガーハットのサイトに正解があった。

「リンガーハット」という社名に込められた意味や由来などお尋ねします。 リンガーハット(RingerHut)のリンガーは、長崎で広く貿易商を営んでいたフレデリックリンガーという英国商人の名前にあやかったものです。 … ハットは小屋とか小さな家という意味で、通して訳すと「リンガーの小さな家」となりますね。

であるなら、なおさら、昔のロゴが良かった

いまでも、初代や2代目のロゴの印象が強いことを考えると、変更はもったいなかった気がしてならない。

このイメージは強い こっちが良かった


Posted by ろん