5728 謝罪会見を見て…

雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮の謝罪会見を見た。

なぜ反社会的勢力のイベントに参加したのか、今日まで謝罪会見ができなかった経緯も含め、おそらく正直に話をしているのだろうと思った。

冒頭から、所属していた吉本興業による圧力とも取れる生々しいやりとりなどの暴露などもあり、想像以上の内容だった。

株主だから大丈夫?ロンブー亮が言っていた、吉本社長から、在京5社在阪5社は(吉本の)株主だから大丈夫と言われた…なんて証言は、かなりリアルだ。

それにしても、相変わらず AIによるリアルタイム自動翻訳が、不可解な表示をしていたのは気になった。

感謝しコンパクト岩倉…「会見」→「甲斐犬」、「正直」→「掃除機」なんかはまだわかるが、「コンパクト岩倉」となると、もはや何のことを言ってるのか、字幕からは読み取れない。

15時の会見開始から、ずっと見てしまったが、時間を追うごとに、質問する記者にかなり強い違和感を覚えた。

冒頭から“1社1質問”というルールで始まったにもかかわらず、まったくルールを守らない…

何度も同じ質問を繰り返したり、憶測で話をさせようとする…

17時から休憩とその15分前に宣言してるのに続けさせようとする…

記者会見というもののレベルの低さばかりが気になってしまった。

結局、この会見を、自分たちが放送しやすく切り取ろうという雰囲気がありありと伝わってくる。

ありていに言えば“利用してやろう”とも受け取れる。

そう考えると、反社会勢力と芸能人との付き合いは、巡り巡って、実は、これを伝えるマスコミを活性化させて、マスコミを潤すという妙な流れになってるような気がしてしまった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください