[社会の窓]近所の公園に迷い込む

梅雨らしい日が続いている。

今日の天気予報はずっと雨だったが、雨雲レーダーを見ていたら、しばらく雨も降らなそうだったので、ちょっと外に出てみた。

こんな木があったんだ…近所を歩いただけだが、公園の木にびっしりと苔が生えてることに初めて気付いたのは、こうした天気だったからだろうか。

これを見ていて、ふと思った。

もし自分が小さくなって、こんなところを歩いたら、どんな感じだろう…と。

で、思い出して、家から持ってきたのが、鉄道模型用の人形だった。

いろいろなタイプの人形がいるが、選んだのは、これ。

近所なのに未知な場所に迷い込んだサラリーマン。

この場違い感がなんとも面白かった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください