5712 大阪城

最後に行ったのは2002年5月だった安倍首相がG20大阪サミットで、大阪城の復元時に「エレベーター」を設置したことは「大きなミス」だと話したことに、批判の声が出ているという。

たしかに、わざわざ言うことではないとは思うが、「バリアフリー社会に逆行する発言」というのも、またちょっと違う感じもする。

名古屋城のエレベータ問題でも思ったことだが、「史実に基づく城を目指す」のか?それとも「城を模した観光施設を目指す」のか?

史実に基づく城を目指したら、大勢の観光客を受け入れることはできないはずで、障害者どころか健常者だって大勢は行くことはできないだろう。

そもそもの目的を共有できていないから、こうした問題が起きる。

ちなみに、この大阪城が復元されたものだということは知っていたが、昭和初期に建てられたということは、今回のこの騒動で初めて知った。

そして、この復元当初からエレベーターがあったことも、初めて知ったことだった。

90年近くも前にバリアフリーの考え方が取り入れられていたということは、とても先進的なことだったかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください