5688 国道357号 東京港トンネル(東行き)開通記念イベント

台場付近と品川区八潮を結ぶトンネルが、6月3日に東行きが開通する予定で、それに先立ち、一般公開されるということで行ってみることにした。

すでに、西行き方面の道路は2016年3月に開通していて、今回の東行きの開通で完成となる。

品川シーサイド駅から八潮橋を渡るフリーラン(2.5km)やウォーキング(2.5km/6km)の距離によって目的別に入口が分かれているが、トンネル部分2.5kmだけを歩くコースのスタート地点へ向かう。

最寄りは、りんかい線の品川シーサイド駅で、ここから八潮橋を渡る。

改修工事中の首都高速や東京モノレールなどが一望できて見通しがいい。


会場までの地図が、けっこうざっくりしていたので、ちゃんと行けるか少し不安だったが、途中で係員が立って案内をしていたので迷わずに行けた。

10分ほど歩いて会場入口到着。

会場入口 会場までけっこう距離がある
オリンピック協賛や道路工事会社などのイベントなどを過ぎると、トンネルウォーク会場入口に到着する。

ここで200円の参加費を支払う。

トンネルウォーク参加費200円 トンネルウォーク参加証

パイロンがずらりと並んでいるところを見ると、開場時にはそれなりの行列ができていたのかもしれない。

ただ先着500人という人数には達していなかったようだ。
いよいよトンネルへ…トンネル入口
トンネルのなかは、ひんやりしていて、身体を動かすにはちょうどいい感じ。

みんな、思い思いに走っていたり、歩いていていたりしている。
トンネル内部はけっこうひんやり
どんどん進む

普段なら見られないトンネルの設備もじっくり見られるのも、こうしたイベントの楽しみのひとつだ。
ふだんならじっくり見られないところも見られる
非常口なども…
かなり進んでいくと、たくさんの人たちが集まっているところがあって、そこではトンネルの工事の経過などをパネルやプロジェクタで紹介していた。建設をたどる動画も上映 いよいよゴールだったけど…

ここが今回歩けるトンネルの端だった。

できれば、通り抜けできるくらいまで歩けたらよかったのに…と、ちょっと残念だった。ものすごい中途半端…
参加記念品

帰りは、元来た道を戻るだけだ。

それでも、見慣れない景色はとても新鮮で全然飽きない。

トンネルから出ると、ペットボトルのお茶と、トンネルを歩いたという証明書、ボールペンの記念品をもらった。

急に行くことにしたイベントだったが、参加できてよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください