5686 iPadでBluetoothキーボードが”重い”ときの対処方法(暫定)

第5世代のiPad mini(以下、iPad mini 5)の文字入力では、主にBluetooshの外付キーボードを使っている。

ちょうど機種変更したあたりから、ときどき、キーボードからの入力が”重く”なることが起き始めた。

キー入力しても画面に表示されるまでワンテンポ遅れたり、カーソルキーを

こうなってしまったときは、 電源をオフにすれば、 解消することはわかったのだけど、これは時間もかかるし、結構面倒くさい。

iOSの不具合かなとも思って、根本的な原因とその対処法をいろいろ検索してみるが、ちっともヒットしない。

せめて、電源オフではなく、 一時的にでもいいから、もうちょっと手軽に対処できないか、自分なりに調べてみた。

いちばん疑ったのは、メモリ使用量の増大による影響だったが、結局は関係なかった。

そして、ようやくたどり着いたのが、Safariを終了させるという方法だった。

対処法は単純で、Safariを終了させるだけだ。

Bluetoothキーボードが”重い”ときは…Safariを終了させると、重かった文字入力が完全に復活する。

ときどき、Safari だけ終了させても回復しないときもあるが、そういうときは、直前に使っていたアプリを終了させると、高価がある場合もある。

そもそも、この問題は、IOSの改善によって解決してくれればいいのだけど…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください