5682 楽しむのではなくて、面白がること

考えさせられるこの前、電車の中の広告で見かけた。

気になって思わず写真に撮ってしまったのは、樹木希林の著書の広告だった。

楽しむのではなくて、面白がることよ

幸せというものは「常にあるもの」ではなくて「自分で見つけるもの」

たった2つの言葉だが、すごく印象深かったのだ。

どちらの言葉も、受け身ではなく、自ら動いていかないとダメ…ということを言っているのだろう。

楽しむことも、幸せを感じることも、無意識のうちに、受け身になっているんじゃないか…ということに気付かされる。

最近、さまざまなものごとに対して、ネガティブな気持ちになってしまっている原因のひとつが、もしかすると、無意識の”受け身”なのかもしれない…と思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください