5675 年率換算

今年1~3月のGDP(国内総生産)が発表され、前期比0.5%増だったそうだ。

で、数字の内容については、いろいろと意見はあるようだが、いつも思うことがある。

1~3月GDP、年率2.1%増 個人消費は0.1%減

…と、見出しにあるように、調査は四半期なのに、年率に換算するところだ。

この年率換算は、ほぼ4倍にしただけだ。

正確にはちょっと違うらしいが、この成長率がそのまま4回続いた…という意味では間違っていないはずだ。

で思うのは、四半期の実績として出てきた数字が、そのまま続くはずもなく絶対に変動するはずなのに、4倍にして年率に換算するというのは、いったい何の意味ががあるんだろう?

そんなことを考えること自体、僕の無知のなせる業なのか、実は本当にあまり意味のないことなのか…”年率換算”という言葉を聞くたびに、いつも思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください