[社会の窓]作風の変化を記録できなかったのは…

最近、写真撮影可能な美術館は企画展などが増えてきた。自分のように、こうしてブログなどで紹介したり、振り返ることがある者にとっては、写真が撮れるのは嬉しいものだ。

シャッター音のせいで…

デジカメで写真を撮り始めた十数年前からすれば、隔世の感がある。

昨日行った東京ステーションギャラリーでの企画展も全作品が写真撮影可能だったそうだが、シャッター音が問題で後半のフロアが禁止となった。

企画展冒頭のインスタレーションは、作風の変化を示したものだったが、結果的に、晩年の作品は撮影できず、あとから後から自分なりの鑑賞をすることができなくなってしまった。

たしかに、写真撮影可能なフロアでは、あちらこちらからシャッター音が鳴って、正直、気が散ってしまう感じもした。

でも、ふと思ったのは、このシャッター音は、決して出したくて出してる音ではないし、フィルム式のカメラと違って、“わざと”鳴るようにできているということだ。

マナーが問われることがあるが、実は、写真撮影のマナーというよりも、勝手に付けられたシャッター音の問題だと思う。

実際、写真を撮るときも、それぞれが遠慮しあっているし、写真撮影自体がトラブルの原因ではないのは明白だった。

このシャッター音、世界でも日本だけ鳴るように作られている“自主規制”と聞いたことがある。

痴漢対策というのも、果たして本当だろうか?

本気で痴漢をするくらいなら、シャッター音くらいどのようにでも対応してしまうはずだ。

まさか、こうした美術展に痴漢の存在が影響するとは…。

2 thoughts on pfizer cialis brand[社会の窓]作風の変化を記録できなかったのは…

  1. 昔は撮影と言えばカメラでしたが…音が問題になるほどスマートフォンなどのモバイル端末で撮影する方が増えたということなのでしょうね。ただ、撮影マナーは現在の方が格段に向上しているように思います。正直、高そうなカメラを構えている人ほど我が物顔で被写体前を長時間陣取っているいうイメージがありますので(残念ながら現在進行形です)。
    シャッター音に関しては同感です。痴漢に限らず”悪巧み”する輩全体に通じることですね…頭が良すぎても使い方に問題があるのは困ります(苦笑)。

  2. ≫ がんちゃん
    そうですよね。以前に比べたら、撮影マナーは向上したと思いますし、まさに仰る通り、高価そうな一眼レフカメラを構えてるほうが、タチが悪いケースが多い気がしますね(笑)
    昨日も企画展に行って、そこでも写真撮影可能なエリアがあったのですが、気になったのはマナーよりも、やはり、まるで意味のないシャッター音でした。
    こうした”自主規制”は、街中で聞く騒々しい注意喚起の放送と同じで、改善の見込みは絶望的に低いだろうな…と感じてしまいます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください