[社会の窓]大人への第一歩

ここの八百屋はときどき独特なポップを出していることがあるが、今日のこれは、ちょっと考えさせられた。

大人への第一歩…

そうか…子どもって、ピーマン嫌いが多いから、これを克服することが、大人への第一歩なのか…。

ふと思う。

いちおう“大人”になった自分は、子どもの頃の自分から見て、なりたかった大人なのだろうか?…と。

頭のなかは、中学生か高校生くらいのままなんじゃないか…と思えるくらい、ちっとも成長したという感覚がない。

だから、何か強い意志を持って生きてきたわけでもないし、なんだか流されるようにしてここまで来た感じもする。

でも、 子どものころの自分に何か伝えることができるとしたら、 大人になった自分は、とても幸せだと言ってあげたい…と思う。

ここ最近は仕事関係で、かなり参っていたこともあって、いまはそう言うのも正直はばかられてしまう。

その一方で、そんなに深刻に考えることもないよなぁ…とも思うし、悶々とする日々が続く。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください