[社会の窓]東京都交通局上野懸垂線

あと半年…上野動物園モノレール(東京都交通局上野懸垂線)は、常設のものとしては日本初のモノレールであり、ゴムタイヤ懸垂式として世界で2番目に開業した歴史を持つ。

「新しい都市交通機関の試行」を目的として建設されたため、いまとなっては、かなりユニークな存在で、それだけに、維持コストも掛かることから、ついに今年の11月に休止されることが決まっている。

そうした背景を意識してモノレールを観察すると、とても興味深いが、休止(廃止)は、時代の流れでやむを得ないのかもしれない。

しかし、こうして実際に利用できる“産業遺産”(車両自体は新しいけど)は、とても貴重な存在だと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください