5663 上野動物園モノレール初乗車

今日は「みどりの日」で上野動物園が無料公開されていると知り、このチャンスを逃さない手はない…と気が付いた。

それは、この秋に運休するという、上野動物園モノレールに乗車するチャンスだったからだ。

モノレールは運賃が掛かるので、乗車目的だけに入園料を支払うのはちょっともったいない。

上野動物園にやってきたときは16時を回っていたが、パンダ舎の前はものすごい行列ができていた。

今日は入園無料 相変わらずすごい行列のパンダ舎前
上野動物園モノレールについては、こちらが詳しいが、さまざまな特徴がある。

日本初のモノレールであり、わずか300mしかない日本最短のモノレールとなっている。

こうした特徴ゆえ、継続して運行することに問題があり、やむを得ず11月に運休することが決まっている。

入園口から直接駅に向かう。

意外と行列はできていなかった。

モノレール東園駅 意外と並んでいなかった
運賃150円(小児80円)。
150円
座席定員制のため、座席がある分しか乗車することができない。

どうやら次の次のモノレールに乗ることになりそうだ。その間にいろいろとみておく。
座席定員制軌道もしっかり見ておく

来た!

ミュージックホーンが、どこかで聞いたことがあるな…と思ったら、成田エクスプレスE259系と同じものだったから、ちょっとびっくり。軌道もしっかり見ておく

モノレールの特徴である台車もよく見てみる。

台車もしっかり見ておく 出発を待つモノレール

モノレースが出発して、乗車位置へ移動。案内表示が、どこか地下鉄風だ。

「のりば」表記は都営地下鉄風 下車を待って…

ようやく乗車。いちばん後ろに乗った。運転席が、思ったより近代的な感じで、極めてスッキリした作り。
最後尾車両に乗る 運転席は極めてスッキリ
計器も見ておく

メーターも必要最小限しかない感じ。

乗車が終わると、すぐに出発。

走行音はあまりなく、車内がとても静かなのは、車体から台車が離れているからだろう。

最後尾から見る景色をしっかりと見ておく。


東園駅を出発 かなりスムーズな走り カーブを繰り返して… あっという間に西園駅へ

たった300mしかないので、乗車時間もあっという間。
客室内はこんな感じ

 


すぐに次の乗客を乗せて折り返していく。

西園駅はこんな感じ

東園駅とは雰囲気が違う
なくなってしまうのは惜しいけど…

橋脚に貼り付けてあった東京都交通局の銘板。

これも歴史を感じさせる。

森の中にあった、東園駅とくらべて、西縁駅はまるで駅ビルのような雰囲気。

西園駅を真正面から見る 西園駅に停車中のモノレール
走っているところも見たくて、並行して通る歩道へ向かう。

真横から観察。
走行中のモノレール(東園駅から)
これでお別れ…

上野動物園は何度か来たことがあるが、まったく動物を見なかったのは、今回が初めて。

わざわざ、乗るためだけにやってきたのだけど、これはこれで有意義な経験となった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください