5661 神奈川県立近代美術館 葉山館

博物館・展覧会, 芸術・デザイン

今日は天皇即位の日を記念して一部の美術館が無料ということで、どこに行こうか考えた結果、これまで行ったことのない、神奈川県立近代美術館 葉山館 に行くことにした。

湘南新宿ラインで逗子駅まで。

下車したのも初めてだ。

横須賀線逗子駅へ バスに乗り換え…

路線バスに乗り換えて20分ほどだったが、道路の狭さと車の多さが気になった。

海岸沿いを走るけど… 道が狭い!

今日は無料公開だから、混んでたら困るなと思ったが、それほどでもなかった。

美術館に到着 今日は特別に企画展も無料

混雑はそれほどでもなかった ポーランドポスター展

1950年代後半から1970年代にかけて、ポーランドで制作された映画、演劇、音楽、サーカスなどのデザイン性に優れたポスターを「ポーランド派ポスター」というそうで、神奈川県立近代美術館では以前から収集しているという。

もちろん言葉はわからないし、どんなことを表現したいかすら分かりづらい作品もあったが、なんとも言えない独特な作風は、当時の国の様子やその時代の空気を伝えてくれる気がする。

解説を読んで、じっと観ているうちに「伝えたかったことはこれか!」とみたいなことがわかると、とても面白くなる。

帰りは雨がひどくなったポーランドでは、こうした、芸術としての“ポスター”というジャンルが確立しているのだろうか?

あと、やたらと、サーカスのポスターが多かったのは、どういうことなのだろう? ポスターのモチーフとして採用されやすいということだろうか?

鑑賞を終えて帰宅の途につく。

バスも混雑行きと同じく路線バスで帰るが、バス自体の、かなり混雑していたが、渋滞がひどかった。

結局来たときより倍近くの時間が掛かってしまった。

渋滞を運転する車も嫌いだが、それに巻き込まれる路線バスもやっぱり嫌なものだ。

一番困るのが、時間が読めないことで、それが大きなストレスになってしまう。

Posted by ろん