5647 ノートルダム大聖堂の火災

ノートルダム大聖堂とダミー今朝、ラジオのニュースで聞いたときには、ボヤかな?と思ったが、実際の状況は、想像をはるかに超えるものだった。

見たとおり石造りだから、そうそう燃えるものではないというのは、勝手な思い込みだった。

石なのは外側だけで、内部は木を組んであることから、きっとキャンプファイヤーで積み上げられた薪のごとく、よく燃えてしまったのだろう。

現地を観光したのは、もう20年近く前のことだが、内部の荘厳な雰囲気は、いまでもよく覚えている。

何百年前から変わらない風景は、これからもずっと変わらないと思ってしまうのは、大いなる誤解だということを教えられた気がする。

荘厳な雰囲気美しいステンドグラス

当時も、何気ない風景も気になったたった1回、わずかな時間しか観ていないにもかかわらず、焼け落ちてしまったという事実は、何だかとてもショックなできごとだった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください