5589  無理やり乗り込む人

日常生活, 物思いに耽る(雑感)

最近、朝の通勤ラッシュがひどい。

混雑による遅延はしょっちゅうだ。

今朝、自分と同じか若干年上の男性が、発車ギリギリで無理やり乗り込んできた。

駆け込み乗車というほどではなかったが、乗り切れない状況で乗ってきたので、当然ながら身体が電車からはみ出して、扉が閉まらない。

上半身がほとんど出ている。

駅員が身体を押し込み、扉が閉まったが、今度は、鞄がはみ出している。

駅員が鞄を押し込む。

いったん空いた扉がまた閉まる。

でも、まだ完全に閉まっていない。

今度は、この男の足が外に出ているようだ。

駅員もいい加減にしてくれといった感じで、

「足を引いてください!」

…と、強めの口調で男に言う。

ようやく扉が閉まり、列車は出発できたが、実際そこまでして、この電車に乗る必要がこの男に遭ったようには思えない。

もちろん、ただの偏見だ。

でも、無意識の行為で、このような感じで列車が出発できないわけで、ある意味、この通勤電車に乗り合わせた客全員が、この たった一人の見ず知らずのの男に、命運を握られいたのだ。

Posted by ろん