5256 吉野家 築地1号店

昨年で最後…と思っていた築地市場で過ごす年末の昼は、今年もやってきた。

実は、この何年か続けてきて、2度ほど「失敗」してきたのが、吉野家1号店で牛丼を食べるということだった。

失敗の原因は…

閉店が13時とやけに早く、毎回それを忘れてしまうのだ。

そんなこともあり、今年は忘れずに早めに築地に到着。

築地市場内は相変わらず混雑している。

入口で呼び込み脇目も振らずに、吉野家へ。

店の前で店員が呼び込みをしている。

「吉野家1号店で移転前の思い出にどうぞ〜」とのこと。

まさに僕がそうだ。

待っているお客さんがいないので、そのまま店内へ。

予想通りそれほど広くない店内で、オヤジたちが牛丼を食べている。

吉野家1号店ではあるが、これといって特別な感じはない。

ただ、ちょっと「あれ?」と思ったことがあった。

お客さんの多くが市場関係者っぽかったが、そのほとんどが、つゆだくを頼んでいたことだった。

お店が狭いので、箸の入ってる箱に手を伸ばすことも難しいためか、背中側の壁にも箸箱があって、そこからも箸が取れるようになっていた。

店内は狭い 壁に箸入れ

牛丼は、いつもので、これといって特別なものではない。

以前、BSE問題が起きたとき、ごく一部の店舗と創業店である築地だけが、例外的に国産牛肉を使っていたことがあるが、それも10年も前のことだ。

味はおなじみの… この光景もあと1年足らず…

特別な存在としての築地店だが、豊洲への移転することが決まっているようだ。

でも、特別感は移転によって失われてしまう気がして、ちょっと残念。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください