[社会の窓]池袋ハロウィンコスプレフェス2016

今日の池袋は、いつもとはちょっと雰囲気が違っていた。

池袋ハロウィンコスプレフェス2016」が開催され、コスプレした人たちが池袋駅東口を歩き回っていたからだ。

会場のひとつ、中池袋公園のステージを見学した。

わずかな時間ではあったが、なんとなく感じたこと…。

それは、会場が盛り上がってる感じがしない…ということだった。

司会者の掛け合いなどは楽しい感じだったが、集まってた聴衆は、それほど盛り上がってる感じはなく、むしろ静かな感じすらした。

ステージには、多少目をやる程度で、 多くは、自分たちが被写体になることや、一緒に来た友人たちとの会話が忙しい。

だからといって、まったく気にしていないというわけでもなく、この場の”雰囲気”を楽しんでる感じなのだ。

うまく表現できないのだけど、その楽しみ方のイメージは”緩さ”だ。

あくまで、自分なりの楽しみ方で参加であり、参加者の多くがそんな感じだから、最初から最後まで無理がない…そんな雰囲気を感じた。

ハロウィンが、徐々に季節の行事のひとつとして定着してきた感がある。

正確に言えば、ほんとうの意味でのハロウィンではなく、もともとのハロウィンでは、子どもたちが、魔女やお化けに仮装するという風習を、”コスプレ”と解釈した点において、日本の行事に変化したというふうにも見える。

今後、ハロウィンのコスプレがどう変化していくか、ちょっと興味が出てきた。

2 thoughts on viagra without a perscription[社会の窓]池袋ハロウィンコスプレフェス2016

  1. ロンさん
    日本人は仮装が好きだけど、大手を振ってそれをする機会が今までなかったけどハロウィンはそれにうってつけなイベントだった。なのかな?と思っています。
    しかし報道映像みてると3人(以上)揃って同じコスチュームの組がやたら目につくのが日本的だな〜と(笑)

  2. ≫ ぶり さん
    たしかにそれは言えますね。もともと、日本には、ハロウィンが受け入れられる素地はあったのかもしれません。
    そして、さらに日本人ならではというか、カスタマイズして楽しむというのも、すごく興味深いですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください