4985 主役から脇役へ

横川サービスエリアに立ち寄る。

建物に入るとすぐに目に留まったのは、旧国鉄の急行形気動車色の車両だった。

横川サービスエリアにて…

建物内にディーゼルカーが…

見てるだけで楽しくなってしまう

車両自体は本物っぽい。車体には、キハ57 26と書かれている。

たしかに、 かつて横川と軽井沢の急勾配を通過するために製造されたのは、キハ57に間違いないが、書かれている位置がちょっとおかしい気がする。
元がホンモノだけにリアル キハ57系なところはいい

車内のレイアウトも、どこか違和感があるけど、あまり時間がなかったので、詳細は確認できなかったが、縁のあるキハ57系が意識してあるところは、好感が持てる。

車内はこんな感じ 前方から

運転席はこんな感じ峠の釜飯目当てでやってきた人たちも、店内に置かれた車両は、珍しく感じてるようで、たくさんの人たちの被写体となっていた。

車内でも食べられるようになっていたが、座っている人はいても、実際に釜飯を食べている人はいなかった。

車両の置かれている前にお店があって、ちょうど列車から降りて釜飯を買う…っていう流れを体験できる。

車両の前にお店がある ホームで駅弁を買うこと自体が珍しい光景に…

かつては鉄道が主役でそこに弁当を売りに来ていたのに、いまでは高速道路が主役でそこで弁当が売られ、脇役としての鉄道車両がある。

時代の流れとはいえ、なんだか寂しい感じもする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください