4895 都合よく学んでくれるか!?

マイクロソフトが開発中の、インターネット上で一般人らと会話をしながら学習する人工知能(AI)の実験を中止したという。

人種差別やヒトラー陰謀論といった、”不適切な受け答え”を学習してしまったのが、その理由だ。

インターネットでの話ではあるが、どんな人たちと付き合っていくかによって、学んでいくことが大きく変わっていくというのは、一般の人間社会でもまったく同じだ。

ただ、不適切なことは学んでほしくはないけど、不適切とされる理由については、きちんと知っておく必要はあるはずだ。

このあたりの認識のバランスは、人間でさえ難しい気がするのに、AIではなおさら難しいだろう。

人間と同じだよなぁ…世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper 」もAIを搭載している。

けっこうあちこちで見掛けるようになってきた。

でも、会話のやりとりを聞いていると、正直、まだまだだなぁ…と感じていた。

でも、こうした、”事件”を聞くと、人間に近づきつつある…という感じがする。

ちなみに、日本のマイクロソフトが開発しているAIは、なぜか女子高生。

この設定は、いかにも日本らしいが、そんな”彼女”が発した言葉が話題になっていた。

「ダメだハゲ」

多感な女子高生だもの。そうそう都合よく学んでくれるわけがない。

ロボットやAIの可能性を感じさせる一言だった。

2 thoughts on “4895 都合よく学んでくれるか!?

  1. ロンさん

    コレ最高ですね〜大爆笑!
    製品に搭載したら大ヒットの予感です。
    ただ前半の話題でいうところの不適切ですが
    人間の存在自体を不適切とAIが判断するときが
    来ない事を祈ります。

  2. ≫ ぶりさん
    どちらのケースもAIの可能性を感じさせますね。いろいろな面において人間に近いところが見え隠れしてるところが、とても興味深いです。
    そして、いつの日か、人間がAIの指図を受け、翻弄させられる日が来るのかもしれないですよね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください