4894 バスタ新宿 オープンプレイベント

バスタ新宿 4月4日開業先日、そのまんまの愛称ってことで取り上げた、新しい新宿バスターミナル「バスタ新宿」のオープンプレイベントに行ってきた。

場所はもちろん新宿…。

JR新宿駅から、新南改札から外に出たのだけど、一瞬どこに出たのかわからなくなってしまった。

ずいぶん久しくこのあたりを歩いていないせいだろう。

JR新宿駅新南改札を出たら… 案内された方向へ行くと…

オープンプレイベントということで、そのまま建物に入るのだと思ったら、こちらは立ち入り禁止状態なので、そのまま進んでいく。

まだ入口は開いておらず… ミライナタワー、ニュウマン(NEWoMan)

いったん外へ出て…

一昨日、JR新宿ミライナタワーと「NEWoMan」(ニュウマン)がオープンしたばかりで、こちらはずいぶん混雑している。

一方、「バスタ新宿」のオープンプレイベントの案内は、ささやかなもので、係員が小さな看板を掲げてるに過ぎなかった。

まぁたった1日の数時間程度なのだから、こんなものなのだろうけど。

バスとタクシーの車道へ… こちらから入場

案内にしたがって進んでいくと、開業後バスやタクシーが通ることになる車道を通って、イベント会場へ。

開業したら、もうここは歩けない 振り返るとこんな感じ

タクシー乗り場となるフロアには、バスが乗り入れている地域の物産展。

高速バスが乗り入れるフロアで、高速バスの試乗会やラジオの公開放送などをやっているという。
上は高速バス、下はタクシー物産展

初めて見る風景4階に上がってみると、これまで見たことのない景色が広がっていた。

風景が新鮮だ。

 

初めて見る風景

乗り入れる 各社の高速バスの試乗会をやっていた。
神姫バス 西日本ジェイアールバス

三交伊勢志摩交通

神姫バス、西日本ジェイアールバス、三交伊勢志摩交通各社のバスに試し乗りしてみた。

最近の…特に夜行の高速バスは、3列シートがふつうで、シートピッチもゆったりしていて、乗り心地は良さそうだ。

 

見るからに派手なバスは、アルピコ交通。見ての通り、草間彌生デザイン
アルピコ交通  草間彌生デザイン

都内でよく見掛けるけど、実は乗ったことがない、東京空港交通(エアポートリムジン)のバス。
東京空港交通 オレンジがいいアクセント

トイレが快適そう係員に、是非、トイレも見ていってください…と言われ、車内へ。

オレンジのヘッドカバーが鮮やかでいいアクセントになっている。

トイレは一番奥。

扉を開けてみると、たしかに広々としていて、落ち着いた感じがいい。

 

文化放送(ラジオ)の公開生放送車道から入ってきたので、実際の施設(建物)内の様子はイマイチよくわからない。

待合室では、ラジオの文化放送の公開生放送をやっていた。

WILLER EXPRESS (ウィラーエクスプレス)は…
WILLER EXPRESS 座席が限られてる代わりに…

完全個室空間コクーンと呼ばれる、2列シート。

最近の飛行機のビジネスクラスを超コンパクトにした感じで、座ってみると、周囲とは完全に遮断されたプライベート空間になる。

正面の液晶画面では、ビデオオンデマンドやゲームなどを楽しむことができる。

ただ足下がかなり窮屈なのと、座席数を極限まで減らしたせいか、車内にトイレがないというのは、ちょっと気になったが、是非一度乗ってみたいと思わせた。

京王バス新宿の高速バスと言えば、京王バスは欠かせない。

そんな京王バスに試乗してみると、シートピッチが広めの車内に…

驚いたのが、一番奥の洗面所。

せまいところに無理矢理押し込んだ感じではなく、きちんと独立した洗面ボウルや、更衣場所なども用意されて、バスとは思えない作りだった。

快適そうな車内… 化粧室が立派

西武バスや、庄内バス、秋田中交通など、バス好きにはたまらない?展示だった。
西武バス 庄内バス 秋田中央交通 バスタ新宿

もっとも、僕は新宿から高速バスに乗って出掛けるということが、あまりなさそうなので、そうそう利用する気はしないのだけど、便利になりそうだなぁ…ということはよくわかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください