4654 西武安比奈線ついに廃止決定…

ニュースで、久しぶりにこの路線名を聞いたとき、ほんの一瞬だけ淡い期待を抱いたが、まぁ、当然の結果だろうなぁ…と思った。

西武鉄道はこのほど、安比奈線(埼玉県川越市)の安比奈駅付近に建設する予定だった車両基地の整備計画を廃止することを決めた。同社の持株会社である西武ホールディングス(西武HD)が2月10日、発表した。

国道16号線を横断して・・・西武安比奈線は、西武新宿線の南大塚駅と、入間川の河原に設けられた安比奈駅を結ぶ、全長3.2kmの路線。

川砂利を輸送するための貨物線として、1925年2月に開業したが、砂利の需要減少や、川砂利採取の規制などもあり、貨物列車の運行が取りやめてしまう。

場所によってはかなりしっかり残っているその後は、廃線とならずに、なぜか”休止線”となる。

その後、休止状態が続くが、突如、30年ほど前に考えられた複々線化計画に対応するための車両基地を作るということで、車両基地に至るルートとして、安比奈線が注目されたことがあるが、その後、その計画はすべて中止となり、現在も、そのまま安比奈線は休止線状態が続いていた。

倒壊寸前の架線柱廃線ではなく休止線という扱いのためか、至る所に線路はもちろん、転轍機(ポイント)や架線柱といった設備も、朽ちるに任せた状態ではあるものの、ちゃんと残っている。

朝の連続テレビ小説のロケ地にもなった2009年、NHKの朝の連続テレビ小説の舞台にもなったことから、一時、注目を集めたこともあり、ロケ地として一部整備されたところもあった。

そういった意味で、たくさんの遺構があるおかげで、ある意味”探検し甲斐”があるという感じだった。

比較的、実家の近くだったこともあり、以前から身近に感じていたし、ときどき見に行ってる…と思っていたが、実際には、最後に行ったのが、もう6年も前だったということに、ちょっと驚いた。

この記事に掲載した写真は、いずれも、最後に訪れた、2010年1月2日のもの。

線路は入間川の河川敷まで…

正式に廃線となれば、完全に撤去され、こうした廃線らしい風景はなくなってしまうだろうし、撤去までの間も、きっと大勢の人たちが集まってしまって、侘しかった光景も過去のものになってしまうのだろう。

3 thoughts on online viagra prescriptions4654 西武安比奈線ついに廃止決定…

  1. こんにちは。
    ろんさんに紹介してもらって一昨年訪ねましたが、大変朽ち果てた風情があって非常に印象深い体験でした。
    おっしゃる通り廃線が本決まりだと開発されてああいった場所が消えてしまうかもしれないですね。残念です。

  2. ≫ ともろえん さん
    あの雰囲気を残す…って、やはり難しいんでしょうね…。
    行ったのってもう一昨年になるのか…。思い出した! そういえば、そのときの写真を見せてもらうの忘れてたので、今度是非拝見させてください!

  3. ≫ ともろえん さん
    あの雰囲気を残す…って、やはり難しいんでしょうね…。
    行ったのってもう一昨年になるのか…。あ、思い出した!そういえば、そのときの写真を見せてもらうの忘れてたので、今度是非拝見させてください!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください