4627 正月に見掛けなくなったもの…

玄関の正月飾りはあちこちあるけど…今日、地域によって異なるらしいが、1月7日までが松の内で、お正月が終わるとされている。

松飾りや門松といった正月飾りを片づける日だ。

正月飾りは、各家庭やビルなどの正面などの多くでよく見かけたが、今年、まったく見かけなかったところがある。

それは、自動車の正月飾りだ。

実は、気になり始めてから、正月中は、特に自動車のボンネットをチェックしていたのだが、近年、あまり見かけなくなってきた感じだった。

そして、ついに今年は、1台も見かけることはなかった。

これも、地域差があるのかもしれないが、少なくとも都内の身近なところでは見つけることができなかった。

そもそも、正月飾りとして「松」を使う理由を調べてみると…

その年の守り神(歳神様=としがみさま)が各家庭にやってきて、1年間守ってくれるというのが神道の考え方にあるらしく、元旦に歳神様が訪れる際の目印となるように…という意味があるという。

そういった意味では、自動車も同じ考えで、守っていただきたいという思いから、自宅同様、自動車にも正月飾りを取り付けたのだろう。

そして現在…家の玄関などでの飾りは、それほど減ってないのに、自動車だけが見なくなったというのは、自動車に対する「特別感」がなくなってきているせいなのかな…なんて思ってしまう。

家と同格の扱いだった自動車が、すっかり道具の一部と化してしまった…というふうに考えてみたのだが、どうだろうか?

3 thoughts on 200 mg viagra4627 正月に見掛けなくなったもの…

  1. ロンさん、明けましておめでとうございます。
    例年、年の後半が多忙になる為、閲覧だけで、コメントしたくても、中々できない状況で、時間差が出来て申し訳ありませんが、追々、コメントしていきたいと思います。今年も宜しくお願い致します。

    件の話ですが、元々、車用は、正月飾を売る為に流行らせただけで、当時はまだ、日本にも7日くらいまで休むと言う風習が残っていたので、広まったんだと思います。廃れて来たのは、値段が安いものでもないし、正月も2日位で終わるなら、寺社のお守りがあるから良いと言う考えでしょう。また、バレンタインやクリスマスの様に相手がいる訳でもないので、義理もないし(笑)
    もう一つ、松飾だけでなく、ちゃんと車のお清めをしてくれる寺社もありますが、それなりに駐車場が確保できない所は、そもそも出来ないし、わざわざそこまで行かなくては行かず、飾りだけでは加護が薄い(笑)と言うのもあるでしょう。

  2. >続き
    地方の方が、都市部より、自動車保有率が高いと言うのもありますが、都市部でも、ダンプやトラック等、土建業界の場合はゲン担ぎ等で、未だに付けて走ってる割合が高いので、一般車ではなく、そういう種類の車に目を向けると見る事が出来ると思いますよ。

  3. ≫ 天河かなめ さん
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
    正月飾りを売るために流行らせただけ…という発想はまったくなかったので、
    結果的に誰かが仕掛けた…というのは、とても新しい見方ですね…。
    そうなると、なぜ、流行らせることができたのか?…という疑問も湧いてきます。
    都市部よりも、郊外や地方のほうが、まだ残っている可能性はありますね。
    もしかすると、そうした地域差を意識してみると、なぜ流行りなぜ廃れたのかを
    見つけることができるかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください