4621 商店街のカウントダウン餅つき大会

行ってみよう

ここ数年、新年に変わる瞬間は、王子の狐の行列という行事を見ていて、なんとなく今年も見に行くつもりでいた。

そんなとき、おじゃこが、以前もらったチラシを出して、これを見てきたらどうか?と提案してくれた。

1等があまりにざっくりとした賞品できになった、あのチラシだ。

そのチラシの裏に、「新春チャリティ餅つき大会」とあって、カウントダウンもするらしい。

一体どんな感じなんだろうと、急に興味が出てきて行ってみることにした。

これまでほとんど行ったことのない商店街だから、ふだんの様子はよくわからないが、大晦日の商店街は静まりかえっていた。

会場と思われる場所に近づくと、人だかりができていた。

けど、想像していたより、遙かに少ない…。

静まりかえった商店街 あんまり人が集まってない…

「餅つき大会」だから、いろいろな人が次々とつくのかと思ったら、商店街の役員の人たちが、交代でついているのを、周囲で見守る…という感じになっていた。
餅つき大会… できあがり…

このまま、あまり人が集まらなかったら、どうするんだろう…と思っているうちに、けっこう集まってきた。

商店街の関係者の方が、クラッカーを配って、新年を待つ。

そして…
新年、おめでとう!

「おめでとう~!」

クラッカーの音とともに、お祝いの言葉が聞こえたかと思うと、急に人の流れができはじめた。

何事とかと思ったら、あっという間に、お雑煮に並ぶ人たちの行列ができたのだ。

チャリティーなので、気持ちばかりのお金を募金箱に入れると、割り箸をもらえる。その行列の先で、お雑煮を受け取る。
皆の関心は… お雑煮!

冷えた身体に、お雑煮はより美味しく感じる。
どんどん集まってくる… これから初詣の人も…

 

特にこれといった行事があるわけでもないので、会場をあとにして、軽く周囲を散策する。

材木店の店頭に、今年の干支を描いた飾りが目を引く。商品の材木?に描いちゃっていいのかな…と思いつつ、よく描けてて見入ってしまった。
材木屋の店頭に…よく描けてる…

小さなお寺では、新年が明けたばかりのお正月らしい光景があった。
小さなお寺でも…

 

 

 

2016年が、自分にとっても、周囲のみなさまにとっても、すばらしい年になりますように…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください