4600 2015 東武ファンフェスタ

旅行・見学・イベント, 鉄道

鉄道関係のイベントは、興味はあるのに、気付いたときには終わってる…そんなことはしょっちゅうだ。

今回、珍しく以前から行ってみたかったイベントに行くことができた。

2015東武ファンフェスタに向かった。会場は、南栗橋車両管区ということで、東武日光線南栗橋駅へ。

”東武スカイツリーライン”の北千住から快速に乗って…

いまだに慣れない呼び名の「東武スカイツリーライン」乗り場 北千住駅から快速で…

東武動物公園駅で後続の南栗橋行き電車に乗り換えて…
後続電車に乗換でも、ちょっとした撮影会 苅られた後の田んぼが広がる

南栗橋駅に到着。ホーム、階段、改札口…と、ものすごい人の数に圧倒される。南栗橋駅はすごい混雑 駅を出るのも一苦労

会場は、駅からちょっと離れてるため、無料送迎バスが運行されているものの、当然ながら、こちらも長蛇の列…徒歩で向かうことに。
無料送迎バスに乗るのも大変 歩いて行くことに…

10分ほどで到着。
南栗橋車両管区 10分ほどで会場に到着

入ってすぐのところに、修繕作業中の特急スペーシア100系が置かれていた。補修されている姿が、ちょっと痛々しい。
補修中のスペーシアがお出迎え おなじみの物販テント

とにかく、どこもかしこも、すごい行列だった。一体何の行列なのかわからにない感じで、ちょっと右往左往してしまうこともあった。
この行列の先は…?模型販売へ続いていた

せっかくイベントに来たのだから、ぜひ、車両の展示は見ておきたい…と、また行列に並ぶ。
この行列は…写真撮影会場へ

15分毎の入換制で、入場者を絞っているふつう、ここでの写真撮影は、自由なことが多いが、ここでは、1回毎の定員が決められて、1回15分となっているのが特徴。

だから、写真撮影にも行列になってしまうのだ。

日本テレビの番組スタッフが、この様子を撮影したり、インタビューしてたりしていた。
テレビ的には、ネタとして面白いだろうなぁ… 制限時間ギリギリまでみんな粘る

僕の負けじと?、ずらりと並ぶ電車たちを撮影する。
僕も頑張って参戦

フライング東上カラーの8000系が一番人気だった感じ東上線を走る予定の、フライング東上カラーの8000系も見ることができた。

これまでにないカラーリングということもあってか、今日の一番人気という感じだった。

こうしたイベントでは、ふだん見られないことを目の当たりにできるチャンスでもある。

通常、夜間に行われている、線路の保守作業のデモンストレーションを見学。
線路保守の紹介 ふだんは、主に夜に活躍するみなさん

そして、マルチプルタイタンパー(スイッチマルタイ)の紹介。
スイッチ・マルタイ

線路の下に敷かれた砂利(砕石)を突き固めるための機械で、その実演を見学した。
線路に振動する鉄棒を差し込み… 振動して突き固める

スイッチマルタイは、複雑な線路でも稼働可能さらに、このスイッチマルタイは、複雑な線路でも、枕木の隙間を狙って、突き固めをしてくれる優れもの。

とても高価な機械とのことえ、東武鉄道にには、2台だけあるのだという。

工場に入ってみる。東武鉄道の最新鋭工場というだけあって、比較的すっきりとした印象。
工場内へ 南栗橋工場は、最新設備を備えている

工場の中をざっと見学して回った。
行き先表示を見ると妙に興奮する なかなか大人は参加しにくい

工場ならではの光景なども楽しむ。
工場ならではの光景 塗装色の紹介

ファンフェスタでの車両展示の歴史や、2年後をメドに東武鉄道で運行を予定しているSLのポスターなどの紹介も。
歴代のフェスタ展示車両の紹介 2017年度を目標に東武でもSL運行予定

それにしても、どこもかしこも混雑していた。
どこもも混雑… 東武アーバンパークライン…やっぱり慣れない…

非常停止ボタンを押すという体験ができる…ということで、どんな感じで体験ができるのか、行列に並ばずにその様子を見てみたら…本当にボタンを押しているだけだった。その代わり?ノートのプレゼントもあるようだった。
非常ボタンを押す操作体験… まぁ押すだけなんだけど…

とりあえず、ざっと見学が済んだので、帰りは、バスで…と思い、到着を待つ。

やってきたバスの行先表示板が、昔の東武で使われていたデザインで、マニアックなのが良かった。
無料送迎バスも… ちょっと凝った表示

結局、南栗橋駅まで歩いてきた…バスに乗るのにも、かなり行列ができていたので、諦めて、また歩いて、南栗橋駅まで戻ってきた。

帰りは、行きとルートを変えて、春日部で、東武アーバンパークライン(野田線)で、大宮経由で。

この呼び方…慣れないなぁ…と思っていたが、案内表示はもちろん、車体にも、けっこうあちこちに、アーバンパークラインとの記載があるので、沿線では多少は認知されてくるのかもしれない。

春日部で東武アーバンパークライン乗り換え… 大宮経由で帰宅

 それほど長い時間滞在したわけではないのだけど、歩き回ったせいか、くたびれてしまった。

Posted by ろん