4589 大切な言葉こそ、消えやすい…

街で見掛ける看板や注意書きを見ると、文字が欠けているようになってる場合がある。

土曜日出掛けてきたときに見つけたのは、こんな感じ。

土曜日に見掛けた…

これは…?

 

街で、退色した看板などを見掛けると、つい写真を撮ってきたが、街のあちこちにあることがわかる。

そして…

この欠けてしまった文字の共通の条件は、

どんな被害かな…? 何に貸してくれるのか…?

猛犬に…?…に注意

どれも「赤色」を使っていたということだ。

赤は退色しやすい色なのだろう。

そして、その欠けている文字は、一番伝えたい大事な単語だったりする。

だから、パッとみた目には、意味が分からなくなってしまうときもある。

一番伝えたいからからこそ、色を変えたのに、その文字から消えてしまうなんて、ちょっと皮肉めいたものを感じてしまう。

大切な言葉から、時間とともに消えてしまう。

なんだか、すごく深い意味があるような気がしてくる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください