4484 カタカナビジネス用語

結果にコミットする…ライザップのキャッチコピー(写真は書いてないけど)ちょっと前の記事だが、「『日本語で言えばいいのに…』と思うカタカナビジネス用語」という記事があった。

ざっと引用すると、こんな感じ…。

1位 コミットメント(約束、集中する) 149pt
2位 ユーザー(利用者、消費者) 125pt
3位 エビデンス(証拠、確証) 92pt
4位 スペック(能力、性能) 87pt
5位 アジェンダ(議題、課題) 67pt
6位 コンセンサス(合意) 58pt
7位 フィックス(決定) 53pt
8位 ジャストアイディア(思いつき) 42pt
9位 シェア(共有) 41pt
10位 ペンディング(保留、中止) 33pt

※番外
11位 シナジー(相乗効果) 32pt
12位 タスク(仕事、やるべきこと) 27pt
13位 ブラッシュアップ(良くする、練る) 25pt
14位 タイト(厳しい、時間がない) 22pt
14位 メソッド(やり方) 22pt
16位 デフォルト(標準、基本、初期設定) 21pt

挙がっている言葉を見た感じでは、それほど不快な感じはしないものばかりだった。

おそらく、仕事で所属する業界によっても大きく変わってくるものなのかもしれない。

ランキングのなかに、僕もつい言ってる言葉を挙げてみた。

「ユーザー」
「スペック」
「タスク」
「デフォルト」

自分の中では、ほとんど、ごくふつうに使う日本語…という気もする。

これらは、ユーザーとかデフォルトのように日本語より言いやすかったり、タスクのように日本語よりも意味合いが微妙に異なってるなど、カタカナで使うには意味がある…と思う。

でも、なぜ無駄にカタカナが使われるとイラッとくるのだろう?

ちょっと考えた仮説は、電車内で携帯電話で話をされたときに、イライラするのと似てるのではないか…ということ。

電車内での携帯電話は、当然ながら、 電話の向こうの相手の声を聞くことができないため、車内にいる人の声しか聞くことができない。

そのため、たとえ無意識であっても、 会話のやりとりを聞くことができないために、不安を感じて、イライラする…なんて聞いたことがある。

たとえ、これが正しければ、カタカナ言葉の持つ曖昧さが、不安を募らせる…というのと、似てるような気がしたのだけど、どうだろう?

4 thoughts on how long until cialis works4484 カタカナビジネス用語

  1. ロンさん
    英会話できないのにカタカナ言葉を過度に乱用する人みると
    失笑してしまいます、盛るの大変そーだなーって(笑)
    あとはバイリンガルの方でカタカナ言葉を多用する方は
    話があまり面白くなく
    片やほとんど使わないバイリンガルの方は話し上手という
    現象が私の周りでありました。

  2. ≫ ぶりさん
    そうですね…”無理してる感”がありますし、あまり話が面白くない…ってのも同感です(笑)
    カタカナ言葉の意味をきちんと咀嚼できていないままに喋ってしまうから、内容が薄っぺらくなってしまうせいでしょうか…?
    だとすると、バイリンガルのほうが話し上手…という現象にも合点がいきますね…

  3. その意味も然る事ながら、カタカナ用語を英語で書けと言われたら、書けない人が殆どなのでは(笑)しかし、適切な日本語があるにも関わらず、日本語に言い換えない原音主義で、徐々に純粋な日本語が失われて行くのは、何ともやるせないですね。

  4. ≫ 天河かなめ さん
    そうですね…僕も英語…書けません(笑)
    ちょっとでもニュアンスが違えば、カタカナ言葉そのまま…という感じになってますね。「この言葉は日本語に言い換えられるのでは?」という発想もけっして忘れてほしくないなぁ…とは思いますね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください