4444 三岐鉄道北勢線

友人と福井まで行った帰り、岐阜羽島で下ろしてもらった僕は、名古屋を経由して、桑名までやって来た。

三岐鉄道北勢線に乗りに行くためだ。

鉄道ファンなら路線名だけ聞けば、わざわざ乗りに来た理由はわかるだろう。

三岐鉄道北勢線のある西桑名駅は、近鉄名古屋線とJR関西本線が共用する桑名駅からペデストリアンデッキをちょっと歩く。

桑名駅…近鉄とJRが共用している 北勢線に乗るにはペデストリアンデッキを進んで…

ペデストリアンデッキの奥まで進むと、停車中の三岐鉄道北勢線が見えてきた。

北勢線は少し離れたところに駅がある 三岐鉄道北勢線西桑名駅

WAONのラッピング電車三岐鉄道北勢線…ようやく対面できた。

ここは、全国でも珍しい特殊狭軌(ナローゲージ)の鉄道路線だ。新幹線や近鉄、一部の地下鉄などで使われている1435mm、JR在来線や私鉄の多くで使われている1067mmのところ、北勢線は、わずか762mm。

だから、あらゆるものが小さい。

車体からして小さいし…

ドアも僕の身長より、ほんのわずかだけ高いに過ぎない。おそらく冷房車に改造されたのだろうが、冷房装置が天井に載らないので車内に置かれているが、やたらと巨大に見える。

ドアの天井も低い 巨大な冷房装置が車内の一部を占める

西桑名駅を定刻に発車すると、JR線と近鉄線を越える鉄橋を通る。見るからに狭い幅のレールがなんとなく心細い。 振り返って見ると、けっこうな数のお客さんが乗車していた。

明らかにレールが細い 発車時にはけっこうなお客さんが乗っていた

先頭車両から車窓を眺める。今日も夕焼けが綺麗。

電車は時速30kmから45kmくらいで進む。スピードはそれほど出てないのだけど、どうしても揺れは激しくなる。

でも、嫌な揺れではなく、むしろ心地よい揺れと感じたのは、僕のひいき目だろうか?

今日も夕焼けが綺麗だった

蓮花寺駅で折り返す途中、蓮花寺(れんげじ)駅で、下車して、西桑名駅に向かう列車を待つ。

今度やって来たのは、三岐鉄道北勢線オリジナルカラーの車両だった。

西桑名行き電車

 

 

今度やって来た車両は、巨大な冷房装置がなく、車内はスッキリしている。その代わり、天井には扇風機が回る。
こちらは冷房装置なし 冷房なしなので扇風機が回っている

 

 

 

この時間帯だと、上り方向である、西桑名方面は、乗客はかなり少ない。

停車駅案内 列車交換(すれ違い)

お客さんがいないことをいいことに?、ほんのちょっと窓を開けて写真を撮ってみた。
JRと近鉄線を越える なんだか絵になって楽しい

ふたたび西桑名駅に戻ってきた。
西桑名駅到着  折り返しの発車を待つ電車

 

ほんと、今日も綺麗な夕焼け。

空の色が刻々と変わっていく

待合室には、三岐鉄道北勢線の紹介をした貼り紙があった。地元の人たちからすれば、意に介さないことかもしれないけど…。

三岐鉄道北勢線を紹介する貼り紙 ナローゲージについて紹介 発車時間を待つ電車 意外と?利用客が多かった

すっかり暗くなってしまった…今夜、名古屋から、夜行高速バスに乗るので、時間に余裕があるとはいうものの、ずっと眺めていたら、すっかり遅くなってしまった。

でも、乗りたかった電車に乗ることができて良かった。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください