4397 “ベンチの向き”で己の未熟さを思い知る

先日、泥酔者が「突然線路に転落するイメージ図」を見て、思わず 「これじゃ防ぎようがないじゃん…」 とつぶやいてしまった。

これじゃ防ぎようがない…と思ってたけど…

そして、その対策には、ホームドアしかないと思い込んでいた。

しかし、画期的な対策があったという記事を読んだ。

線路に向かってベンチを並べるのではなく、それをちょうど90度回転させ、ベンチの向きと線路を直行させない…ただそれだけのことだった。

これまでのベンチの方向を…こんな方向に…

なるほど、こういう解決法があるのか!と、心底驚いた。

これなら、泥酔者の転落対策に、巨額の投資を必要とするホームドアだけに賴らなくてもよくなる。

あまりに単純、かつ効果的であるところがすごい。

イラストから受けたインパクトで、僕は思考停止をしていたのだ。

できるだけ柔軟な発想をしたいと常々思っていても、なかなか難しいものだということを思い知った気分だ。

2 thoughts on price levitra soft4397 “ベンチの向き”で己の未熟さを思い知る

  1. そういうことありますね。盲点のようなことって。ところで私はベンチを対向に置いたらどうかと。立ち上がり歩くと対面のベンチにぶつかり目が醒めるというもの。でも怪我しますね(笑)

  2. ≫ ぼーの さん
    コメントありがとうございます。ぼーのさんの提案もすごいです!いや、むしろこのほうが、より安全性が高まるはず…。
    列車に轢かれるくらいだったら、ベンチに衝突するくらいわけないです(笑)僕も、ぼーのさんのような柔軟な発想をしてみたいです…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください