4383 消えた記事

物思いに耽る(雑感)

実は、昨日の記事を用意するとき、ちょっとした事件が起きた。

前日に大ざっぱな下書きを書いてあって、あとは微修正するだけ…という段階だった。

そして、今日、あらためて、記事を見てみたら…

タイトルを除いて、何故かすべて消えていた。

一瞬、書いたつもりになっていたのかな?と自分自身を疑って掛かったが、そんなことはない。

昨日のことだ…書いた内容もかなり覚えてる…。

しかし、記事はもうなくなっているのも事実。

まだ書いた内容を覚えてるのだから、すぐに書き直せばいい…とは思うけど、また書き直なければならない…と思うと、すっかり意気消沈してしまった。

消えた文章、記事を書き直すというのは、けっこう難儀な作業だ。

単純に思い出すだけでは済まない…ということを体感的に知っているからだ。

書いたときは、すらすらと文章ができあがってた感じがするのに、いまは、すごく引っかかっている。

記憶が邪魔をしてしまう。

そして、以前書いた文章が、とてもすばらしい内容に思えてきて、とてもその内容に追いつけないような気がするのだ。

だから、なかなか分掌がまとまらない。

昨日よりも時間が掛かってしまったものの、終わってみれば、前回書いたのよりよくなった気がした。

時間を掛けた分、自分の中で、うまく推敲できたのかもしれない。

うまくいかない場合も多いことを考えると、書き直したときの、調子によるのだろうな…。

Posted by ろん