[社会の窓]SHIBUYA109

渋谷はいつ行っても人が多くて、まっすぐ歩くことすら困難だ。

あまりにもごった返してると、できれば避けたいと思うのだけど、若い人たちにとっては、渋谷は、とても魅力的で惹きつける街のようだ。

ほんと、若い人の姿が多い。

渋谷といえば、東京急行(東急)の“お膝元”…

109=トウ キュー だと知ったときの衝撃は、今でも忘れられない。

1979年(昭和54年)にオープンした、渋谷109。

もちろん、ダジャレであるが、ここが若者の文化を作ったことは間違いなく、みんなが認めてしまえば、それはダジャレと一笑に付されることはなくなるのだ。

近年、どこに行っても全国展開のチェーン店ばかりが目立ち、日本中が変わり映えのない街になりつつある。

都内の主要駅前も同じで、ほんと、つまらない。

渋谷は、あまり行かない街だけど、こうした特徴はいつまでも持ち続けて欲しいと思う。

ただ再開発が進むと、この先どうなってしまうのだろう?という気にもなる。

2 thoughts on order clomid online[社会の窓]SHIBUYA109

  1. 渋谷109。昔は、若い人達は、マルキューとか言っていた気がするけど。今はどうなんだろう。トウキューは、まあ、語呂合わせのダジャレれで、みんな、そちらが正しいと思っているんですけど、正式名称は、ワンオーナイン。でも、これ知ってる人、意外と少ないんですよね。

  2. ≫ 天河かなめさん
    今でも若い人たちには、ある程度支持されているんでしょうかね…
    そんな呼ばれ方された時代があったんですか? いろいろ探してみたんですけど、ちょっと分かりませんでした…。 少なくとも、現在の正式名称は“イチマルキュー”ですね。いずれにしても、興味が尽きない施設ではありますね(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください