4264 ジャンガリアンハムスター“きょろ”デビュー

今から1ヶ月半ほど前の、9月13日。

久しぶりにペットショップへ行った。ゴールデンハムスター“さく”を買ったお店だ。

ここで、新しいハムスターを見つけ、お迎えすることにした。

今回は、ジャンガリアンハムスター。ゴールデンハムスターと比べると3分の1程度しかない。

すばしっこくとても元気のよい女の子だ。
お店で見つけた…新しいハムスター
初めてのダミーとの出会い

自宅へ帰って、歴代のハムスターたちが過ごしたケージに入れてやると、落ち着かない様子で、歩き回っていた。
ティッシュを活用 慣れるにはちょっと時間が掛かっている

名前は…“きょろ”。

キョロキョロと見上げる姿から、名付けられた。

新しいハムスターが来てから、こうして紹介するまでに時間が掛かったのは、しっかり生きられるか見極めたかったからだ。

環境の変化に耐えられず亡くなるハムスターもいるので、念には念を入れて…

ハロウィン仕様のくまのプーさんたちと

どのハムスターも、最初のうちは捕まえられることを警戒して、逃げ回ってしまう。

やはり、きょろも同じだったが、1ヶ月半経った今でも逃げようとしてしまう。

最近でこそ少しずつ逃げないときもあるけれど…。

また、他のハムスターと違って、以前は、噛もうとする癖もあって困ったが、こちらはほとんどなくなった。

手の上に載せると比較的大人しくなるのも、きょろの特徴だ。

ただ手で撫でると、彼女的には気持ちが悪いようで、ケージに戻すと、急いで、砂場の上でひっくり返って砂浴びをする。ちょっとイヤな感じだ。
いじられるとすぐに砂浴び さっと出てくる

死体のように寝る

どのハムスターもある程度慣れてくると、ひっくり返って寝る姿を見掛けるようになるが、きょろは、1ヶ月も経たないうちに、まるで死体のように寝る姿が見られた。
このハムスターもまた…
死体のように寝る

変なところで寝る
ときどき変なところで寝ているハムスターには、それぞれけっこう強烈な個性があるものだが、きょろにもいろいろある。

やって来て早々、死体のように寝るのもすごいが、ケージにある小さな“小屋”というか“家”の上に寝ることがあるのだ。

当然ながら、ここは寝るような場所ではなく、極めて落ち着かないところなのだけど、無理やり乗って、その場にとどまろうとするのだ。

きょろの目的が読めない…。

見上げて目で追う
いつもキョロキョロしているきょろの最大の特徴が、見上げて目で追うという仕草をするということ。

餌が欲しいアピールなのかどうかは謎だが、じっと目を合わせる。

こちらも負けじと、きょろを見つつ、ケージの周囲をぐるりと回ると、きょろもこちらに視線を向けたまま身体をひねる。

この小さな動物と見つめ合うというのは不思議な感じだ。

名前は“きょろ”です毛繕いに見せかけて、頬袋にため込んだアワをはき出すとか、歴代のハムスターたちの大好物だった、ヨーグルトは一切食べないとか、やはり、他のハムスターとは一線を画していて、今後の活躍?が期待される。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください