4259 隅田川駅貨物フェスティバル2014

旅行・見学・イベント, 鉄道

以前からイベント終了後にニュースで知ってばかりだった、隅田川駅貨物フェスティバル2014というのに行ってみた。

会場の隅田川駅は南千住が最寄り駅。常磐線で向かう。
日暮里から常磐線で… 南千住へ

線路が錯綜する駅前南千住駅前は常磐線に、貨物線、東京メトロ日比谷線が錯綜し、さらに地下にはつくばエクスプレスも走っている。

南千住からすぐのところには、隅田川駅が広がるが、会場の入口は遠い。

怪しい…駅構内を横切れば近いかもなぁ…なんて思っていたら、リュックを背負った男性が、通用口を開けて中へ入っていった。

見るからに雰囲気は部外者っぽいのだけど、あまりに堂々と中に入っていったので、関係者だったのだろうか…と気になる。

道路沿いに古くなったコンテナが置かれていた。懐かしさを感じさせる柄のコンテナもあって、興味深いが、こういう古いコンテナの展示があったら、面白そう。
CABINコンテナ もうなくなってしまった、ペリカン便

ガスタンクとスカイツリー

隅田川駅は、貨物駅なので、徒歩ではちょっと行きにくい。

場所は南千住から十数分ほど歩いた。

ガスタンクと東京スカイツリーがなんとなくいい感じ。

開場の10時ちょっと過ぎくらに着いたのに、すでに長い行列が…。
開場から30分も経ってないのに、かなりの行列が… 会場内も行列が…

行列は思ったより進みが早く、会場へはすぐには入れた。

おなじみの鉄道部品のオークションとか、北海道産のジャガイモタマネギの即売など、やはり、それぞれに長い行列ができていた。
おなじみ、鉄道部品の販売 ジャガイモ、タマネギの即売

中へ進むと、すごい人の数…

人だらけ…

ちょっと変わったところでは、貨車の行き先、積み荷、荷受人などを示す“車票”を作れるコーナーもけっこう人気だった。

オリジナル“車票”作り 100円かぁ…

タオルやポスター、コンテナ型の缶など、ちょっと欲しくなりそうなグッズもいろいろと…。
ちょっと欲しい こんなのも…欲しくなるな

フォークリフトの試乗も…フォークリフトの試乗なども、面白そうだったけど、これもやはり子供向け…そりゃそうか…。

どこもかしこもごった返している感じだったので、車両展示のある場所へ移動…。

こちらは、まだ比較的人は少なかったが、2輛の電気機関車しか展示されておらず、場所も狭かったので、面白味には欠ける感じが…。
機関車の展示は控えめ 新旧の電気機関車が並ぶ

EF64型と、EH500型の、新旧電気機関車が並ぶ。

ふだん電気機関車なんて、あまり間近に見る機会のないので、こうして見られるのは貴重だ。

台車の違いなどもよくわかる。
EF64の台車 EH500の台車

実際の牽引力は新しい電気機関車のほうが上だけど、古い電気機関車の方がなんだか力強さを感じてしまう。
無骨さのせいか力強い感じは,EF64のほうが上

軽食コーナー 売店は全部コンテナの中

このイベントでは展示スペースはあまりないので、あっさりと見終わってしまった感じ。
隅田川駅入口にてこういう光景も見応えある

帰りがけに、道路沿いから駅構内を眺めると、いろいろ興味深い光景があった。家族向けもいいのだけど、ずらりと並ぶフォークリフトやかつて活躍したセメントサイトなど、もうちょっと見せ方を工夫してもらいたいなぁ…と思いつつ、会場をあとにした。
こういう光景を見たかった 取り壊される寸前?セメントサイロ

意外と…って?帰りの南千住駅で見つけた貼り紙。

“意外と”10号車が空いてるとのこと。どれくらい空いてるのか、実際に確認してみたくなった。

 

 

 

 

Posted by ろん