4225 経鼻内視鏡体験

先日の人間ドックで、初めて“要精密検査”という結果が出てきた。

どうやら、僕の胃のなかに、ヘリコバクター・ピロリ…通称、ピロリ菌が棲みついてるらしい。

いままで、そんなこと、まったく気にしていなかったのだけど、振り返ると、心当たりがないわけではなかった

とにかく胃の精密検査だ。内視鏡の検査をしなければならないらしい。

経鼻内視鏡のパンフレットより

内視鏡の経験者に聞くと、嗚咽に苦しんだという感想ばかり…。

他に方法はないのか?

調べてみると“鼻から”という方法があるではないか。

鼻からの内視鏡検査を行っているクリニックを探し、先日予約を取り、そして今日、ついに検査日がやってきた。

お昼12時からしか空いていなかったため、前日夜からの絶食は、かなりの長時間となってしまった。

受付を済ませ、診察台に横になる。

鼻に局所麻酔をかけるというので、当然、注射を打たれるのではないかと、心配したが、結局最後まで、注射を打たれることはなかった。

まず、なにやら、コップに入った薬剤を飲まされる。あとで調べてみたら、消泡液と呼ばれる胃の中を綺麗にするものらしい。

そして、鼻に2~3種類ほどの薬剤を鼻の周りに塗ったり、ゼリー状の薬を鼻のなかに流し込んだりした。

鼻の感覚が麻痺してくる。

ここで、鼻から入れる内視鏡登場。

意外と太い。

実際にカメラらが鼻刈らないって来ると、痛いという感覚はなく、ただただ違和感があるといった感じだった。

初めて見る、自分の胃。

胃壁のところどころに、湿疹のような赤いものや、一部荒れているところもあった。

これは、典型的なピロリ菌の影響らしい。

病理検査のために、胃の組織の一部をつまんで取り出していた。

結構ワイルドに切り取る感じで、胃のなかが引っ張られるのを感じた。

検査そのものは、実質20分くらいで終了。

ピロリ菌に感染し、胃にも悪影響を及ぼしていることが判明したので、さっそく除菌のための薬が処方された。

飲み始めるのは、いつでもいい…と医師に言われる。

一瞬よくわからなかったのだけど、聞けば、これまで長期間、僕の胃にピロリ菌が住み着いていたわけで、いま数日程度慌てても、あまり意味はないという。まぁそりゃそうだ。

ほとんどの人が薬で除菌できるようになったというのだから、すごい時代になった。

検査終了後、1時間程度は飲食禁止。

だいたい2~3時間程度で、麻酔の違和感がなくなってくる。

口からの内視鏡はやったことないから、どれほど大変なのかを知らないが、少なくとも、鼻からの内視鏡は、身体への負担が小さいことはな違いなく、おすすめだ。

2 thoughts on zithromax order4225 経鼻内視鏡体験

  1. 実は私の体の中にも棲み着いてまして、未だに長い付き合いです(笑)にしても、注射がないと言うのは・・・口も鼻もやりましたけど、鼻の時はどうだったか記憶がない(汗)気管や喉を見る場合は別として、普通は胃が動くとわかりにくくなると言う理由で、大なり小なり麻酔するんですけど。飲食しないとか、そういう時間帯であれば、動きも鈍くなりますが、ロンさんの胃は不動だったのか、その辺りが気になります。

  2. ≫ 天河かなめ さん
    かなめさんも、棲みついてたんですか!除菌はされなかったんですか?
    そうですね…鼻は麻酔をしましたが、胃の中は特に麻酔らしいことはしなったですね。もちろん前日夜から、ずっと食事はしないようにしてましたが、それだけでしたし…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください