4156 旧渋谷川ショートショートトリップ

東横線渋谷駅跡東急東横線渋谷駅が地下化と解体、東急百貨店東横店東館の閉館と解体…と、渋谷駅の東側は大きく変貌しつつある。

ふだん、さっと通り抜けてしまうだけなので、今日は、少し時間をかけて寄り道してみることにした。

まず確認したかったのは、東急百貨店東横店東館が解体された後に、姿を見せたはずの、渋谷川。

以前、渋谷川は、源流から下流まで辿ったことがあり、気になる川のひとつ。

渋谷川を下流方向に見る 東横線ホームは消えていた

この下に旧渋谷川が流れてるはずなのだけど…実際は、2009年6月に東京都は都市計画変更して、すでに川ではなく下水となってしまったため、旧渋谷川と呼ぶのが正しいのかもしれない。

工事の過程で、一時的に見えていたらしいが、いまどうなっているのか見に行ってみた。

旧渋谷駅の前付近は、残念ながら、すでに蓋がされて分からなくなっていた。

続いて、東館があったあたりへ行ってみる。

建物は取り壊されており、この場所に、渋谷川が見えているはずだけど、仮囲いで仕切られて見えなかった。

このまま引き下がるのは悔しいので、隙間からのぞき込んだら…

この仮囲いの向こうに… あった!

この光景もいずれ大きく変わる水面はまでは見えなかったが、大きな空間のようなものは確認できた。

このあたりも、そう遠くない将来には、すっかり変わってしまうはず。

銀座線が高架橋あたりにホームが移設されるため、雰囲気は一変するはずだ。

このあとさらにちょっと足を伸ばして、渋谷川に流れ込んでいた旧宇田川の暗渠を見に行った。

暗渠化されているので、もちろん、見えない。

しかし、西武百貨店渋谷店A館とB館の間を流れているであろう雰囲気は十分感じ取ることができた。

この上流は、童謡「春の小川」の発祥の地へつながっている。

旧宇田川の流れを想像する流れに沿って歩いていくと、山手線の線路をくぐって、渋谷川へつながっていた。
宇田川は、かつてここに流れていた

このあたりの渋谷川は駐輪場になっている。

この駐輪場に沿って並ぶ小さな飲屋街が、のんべい横丁。

古い木造2階建ての建物が並ぶ光景は、戦後闇市の雰囲気がそのまま…らしい。

のんべい横丁を通り過ぎると…ふたたび東館へ

ふたたび、さきほどの東館のところに出てきた。

スクランブル交差点のあたりは、相変わらずすごい人の数。

スクランブル交差点は相変わらず…

2014-06-26 19.17.10

ほんのわずかな時間だったが、普段行かないところを歩いたので、ちょっとしたショートトリップできた感じ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください