4155 周囲への関心のなさが怖い

(写真は十歳の時のものではありません)会社からの帰り。 いつものように電車に乗る。

座れるのはときどきで、降車駅まで、座れないまま…ということはしょっちゅうだ。

この日も座れず、比較的車内は空いている場所に立ち、吊り手(吊り革)につかまっていた。

目の前の7人掛けの座席に座っていたのは、若い女性が3人(それぞれ他人)で、もし彼女たちが途中駅で降りたら、僕が座ろう…という算段だった。

僕の右側にも、若い女性が立っていた。

見れば、お腹をさすっている。妊婦だった。

目をつぶっているが、どことなく表情は冴えないように見えた。

これは憶測だけど、立っているのが苦しそうというほどではないが、座りたそう…そんな感じだった。

しかし…

目の前に座る、若い女性のうち2人は、ぞれぞれスマートフォンをいじっていた。もう1人は、目をつぶっていた。

もし僕が彼女たちの立場で座っていたら、間違いなく席を譲りたいと思う状況だったが、彼女たちは一向に気づかない。

ちらっと周囲を見渡すこともなく、とにかくひたすら内にこもっているという感じだった。

もし、僕が正義感を振りかざせば、座っている女性を蹴散らすところだが、当然ながら、そんな勇気もない。

せめて、彼女のうち誰かが立ったら、すかさず席を譲ろう…そう思いつつ、チャンスを狙っていた。

でも、こういう時に限って…と思ってしまうほど、まったく動きを見せない。

少し離れた席では、どんどん人の入れ替えがあって、そのたびに、妊婦はその光景をじっと見ていた。

ついに僕の降りる駅まで来てしまい、僕一人がその場を離れることになった。

彼女たちが、この状況に薄々気づいていたとしても、行動に出さないのであれば、無関心と同じこと。

よく電車や商業施設などで事件があっても、誰も助けてくれなかった…というニュースを聞く。

これは特別なことだと思いたかったが、もしかすると、この日、目の前に起きていたことの延長線上にある、ごく日常的なことなのかもしれないと思った。

周囲への関心のなさが、なんだかすごく怖い。

2 thoughts on buy levitra online4155 周囲への関心のなさが怖い

  1. ロンさん

    W杯での日本人サポーターのゴミ拾いや311のときの数々の日本人の美談
    オリンピック招致では落とし物の多くが戻ってくる国だというアピール….
    そしてロンさんが目にした光景…..
    すごいモヤモヤ感を感じる昨今です。

  2. ≫ ぶりさん
    いずれも、ある意味、日本人らしい気もしますね。
    あれ、そもそも、日本人らしさってなんだろう?という気もしてきました。
    あまり、○○らしい と括ってしまうのも、良くないのかもしれません。
    少しでもお互いが気持ちよく過-ごせる社会になるために、何ができるか?…ということを、みんながちょっとでも考えることができるようになれば、社会はもっと変わってきますよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください