4126 ヨイフロ

今回の記事の“通し番号”を見たとき、ふと思い出したのは、ハトヤだ。

関東のローカルCMだったようだから、知らない人も多いかもしれないが…。

4126…良い風呂

♪ 伊東に行くならハトヤ、電話はヨイフロ

伊東に行くなら… ハトヤ(車窓から見えた)

お風呂の良さをアピールする、電話番号の語呂合わせは、あまりに有名だけど、以前から思っていたことがある。

4126だけ覚えても電話できない

市外局番も、市内局番も知らずに、4126とダイヤルを回したところでハトヤに繋がるわけないのだ。
電器屋なのに…

ときどき、こういった下4桁(加入者番号)だけの語呂合わせを見かけるけど、本気で?電話を掛けさせようとするのだったら、中途半端な感じがしてしまう。

そう考えると、以前見かけた、お店とは全く関係のない語呂合わせのほうが、まだ意味がある気がしてくる。

でもそもそも何のお店だったか、忘れそうになる。

ちなみに、カステラ一番、電話は二番…の文明堂はどうかといえば、こちらは、交換手に二番と言えば通じたらしく、きちんと電話ができたようだ。

きちんと電話ができる番号の語呂合わせで、ふと思い出したのは…

341-9696 ミヨイクログロ
783640 ナヤミムヨオ

頭に東京の市外局番が必要だったり、フリーダイヤルを加える必要があるが、これならちゃんと電話できる。

なぜか、どちらもカツラだった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください