4074 消える自転車横断帯

この冬は大雪が続き、街歩きの途中で、カーポートの屋根が崩壊している状況をあちこちで見かけた。

また、道路に示された”止まれ”や、速度規制、横断歩道なども、チェーンなどで削られてしまい、薄く剥げてしまった場所も少なくなかった。

普段よく利用する交差点の横断歩道も、そんな感じになっていた。

横断歩道を塗り直すのかな…と思っていたら、むしろ削ってしまっていたので、あれ?っと思っているうちに、一部だけ塗り直していた。

最初何をどうしたのか、よくわからなかったが、どうやら、自転車用の横断歩道(自転車横断帯)が消されて、横断歩道部分が延ばされたようだった。

消える自転車横断帯

調べてみると、2011年10月、警察庁が、自転車走行の許可の見直しや横断歩道に併設された自転車横断帯を撤去などを求める通達を全国の都道府県警に出したらしい。

実際、自転車横断帯を律儀に通っている人を見たことがないのだけど、もし、きちんと交通法規に従うと…

道路の左側を走行してきた自転車が、自転車横断帯のある交差点に差し掛かる。

自転車横断帯は横断歩道に沿っているため、いったん左折。

自転車横断帯を渡り終えると、ふたたび車道に出てくる。

これは確かに不合理だ。

確かに自転車横断帯は危ない左折しようと車からしてみると、左折するかと思われた自転車が実際には左折せず直進するわけだからフェイントにしか見えない。

自転車横断帯は、過去の風景となっていきそうだが、かといって、自転車が走行しやすくなっているかといえば、決してそんなこともない。

歩道から締め出され、車道からは迷惑扱いされる自転車は、今後どうなっていくのだろう。

ママチャリ乗りの一人として、結構気になる。

2 thoughts on viagra for sale online4074 消える自転車横断帯

  1. ロンさん

    長年縦横無尽に動けたのに急に縛りが出来たので
    まだまだ違和感は強いです。
    でも私はそれ以上に新ルールを今だに守らない人が多い事に
    またナァナァになるのかな?と。
    取り締まる側が横断歩道を普通に自転車こいでわたったり
    してますから定着はしばらく先ですかね〜??

  2. >>ぶり さん
    身近で知る限り、日本の道路における自転車の扱いはあんまり変ってないのに、ルールだけが変わっても違和感はありますね。自転車専用レーンは増えないし、駐輪場も少なすぎる…どちらかといえば行政は、これまで自転車を邪魔者として扱ってきた節もありますから、今後変わっていくことを期待します。ルールの定着は、こうした行政側の扱いと表裏一体なのかなぁ…と思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください