4043 追悼雪だるま

金曜日から降り続いた雪は、土曜日の朝までに雨に変わり、昼過ぎからは晴れてきた。

真っ白な雪を見ると、先代のジャンガリアンハムスター“もちもち”を思い起こさせる。

もちもちが、亡くなったのは、2011年2月9日。先日、命日を過ぎたばかりだった。そして、さくが亡くなったのは、大雪と大雪の間だった。

偶然に過ぎないのだろうけど、もちもちが、さくと遊びたかったがために、雪に乗じて連れて行ったんじゃないか?なんて思ってしまう。

誰もいなくなったケージを片付けていると、天国までの道のりは寒いんじゃないか?と悲しい気分になった。

ふと、日の光に反射する雪を見ていたら、もちもちと、さくのために、雪だるまを作ってみようと思い立った。

深い理由なんてないけど、なんとなく。

心を込めて、丁寧に作った。

で、できたのが、これ。

うーん…自分のイメージとはちょっと違うけど、まぁいいか。

本格的な雪だるま?を作るなんて何年ぶりだろうか?

作っていて感じたのは、意外と楽しいということだった。しかも、作っている間は、全くの無心になれるということもわかった。

最初のうちは、冷たくて仕方がなかったが、慣れてくるにつれ、気にならなくなった。

そして翌日。

どうなってるか見に行ったら、もうかなり溶け始めて、無残な感じになっていた。

また、ちょっと手直ししてみる。

昨日と表情が変わり、耳ももうちょっと大きめにしてみた。

作ったそばから、溶け始めていたが、そもそも、雪だるまなんてそういうものだ。最初から運命づけられている。

これって、ハムスターの短い運命と、同じなんだよなぁ…と、しみじみ思った。

そして、ハムスターも雪だるまも、“写真”と“思い出”にしか残らないという点も同じだなぁ…と。

雪だるまに、なんだか不思議な縁を感じた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください