4038 名所江戸百景「びくにはし雪中」

名所江戸百景,街歩き

中央区八重洲二丁目から有楽町方向を眺める。

京橋駅から東京駅方向に歩く。

次に向かう場所は、これまであまり来ない場所だった。

でも、描かれている橋の下を流れる川は、今では東京高速道路(KK線)に変わっているので、(風情なんてちっともないけど)、場所の特定がしやすく、すぐにわかった。

山くじらは、イノシシのこと。

食感が鯨肉に似ているから…というのがその理由らしい。

右側に小さく見える、「○焼十三里」はサツマイモの丸焼きで、栗(九里)より(四里)うまい十三里…という洒落。

洒落がわからないと、江戸時代は生きていけないかも。

吹雪が強まり、人の姿があまり見えない。

けど、描かれた150年前の世界にどことなく雰囲気が似ている感じ。

雪はどんどん強まり、近くの建物でも霞んで見えにくくなってきた。

[map lat="35.676126″ lng="139.766564″]

Posted by ろん