3952 いまさらセブンカフェの話

以前記事にしようと思ったまま、うっかり忘れてた話。

セブンイレブンで販売されているレギュラーコーヒーが好調を維持しているという。

僕はインスタントコーヒー好きであって、缶コーヒーとか、抽出したコーヒーなどはそれほど好きではないので、まだ飲んだことがないのだが、身近で、ときどき飲んでいる人に聞けば、けっこう美味しいという。

このコーヒーが出始めたころ、どうやって買うのか?と聞いたことがあった。

コーヒーを抽出する販売機が、レジとはちょっと離れたところに置いてあったので、仕組みがよくわからなかったのだ。

聞けばなんてことはなく、レジで100円(レギュラーサイズ)を払うと、空のカップを渡され、それを販売機の所定の位置に置いてボタンを押すだけだった。

また、アイスコーヒーの場合は、冷凍庫から氷の入ったカップをレジで購入後、同様に販売機に置くという仕組みだった。

なるほど、これなら店員の手間が掛からない。

この夏は、アイスコーヒーが売れすぎて、氷の入ったカップが品切れになっていたこともあった。

そのころこの販売機に、各セブンイレブンのお店が独自に、テプラやら説明の付箋のような紙やらが貼られていたということが話題になっていた。

この販売機のデザインは、あの佐藤可士和氏によるもの。ちょっとおしゃれに決めているが、どこか取っつきにくい感じがするのもたしかだ。

ただ単純に、販売機の前にカップを置いて、必要量のボタンを押すだけしかやることはないのに。

この話題が出て以来、気になって、セブンイレブンに寄ったときにはチェックするようになったのだけど、やはり、ほとんどのところで、なんらかの説明書きがあった。

「テプラを貼られた時点でデザイナーの負け」とはよく言ったものだ。

けれど、勝負は終わっていないと思う。

ご本人はどう考えているのか、意見を聞いてみたい。もしかすると、ここまで見通したデザインだったのかもしれないのだから。

4 thoughts on pills vardenafil uk3952 いまさらセブンカフェの話

  1. この珈琲よく飲みますね。確かにおいしいです。

    うちの大学内のセブンが試験販売の店舗に選ばれて、この珈琲マシーンを先行導入したときは、売上は良かったみたいですけど、シールはもちろんなかったので、操作に戸惑って、店員を呼んでいた人を何回か目撃しました。

    やはり、デザインはデザインでも操作しやすいように、ユニバーサルデザイン的思考も必要になっていくのかなぁ・・・とつくづく思います。

  2. ≫ マーオブジョイトイさん
    そんなことが!若い大学生ですら操作に戸惑ってたというのも興味深い事例ですね。
    ユニバーサルデザインという概念はだいぶ浸透してきた感じがしますが、それだけに、こうした「?」と思ってしまうものが目立ってきた気もします。誰にとってのデザインか?ということを考えて欲しいと思います。

  3. セブンカフェの機械までデザインしてたとは!たしかUNIQLOもそうだっけ?
    もはや「佐藤可士和デザイン」自体がブランドになっていますね。

    もっとも下世話な庶民の私は「佐藤可士和の奥さんが松嶋菜々子夫妻の飼い犬に噛まれて裁判になった」話くらいしか知らなかったんですが…

  4. ≫ 兵ちゃん
    そう。佐藤可士和だらけ。彼のデザインはひねりがなさ過ぎて、どうも好きになれないんだよね…。なぜそんなにありがたがるのか、いまいちよくわかりません。
    あぁ!噛みついた相手って、佐藤可士和の奥さんだったんだ!?ちょっと前に判決が出たばかりだよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください