[社会の窓]秋=きのこ=ベニテングタケ(※)

朝晩は冷え込みを感じるようになり、自宅近くではセミの鳴き声もほとんど聞かれなくなった。

日々、ちょっとずつ秋が深まってきているのを実感する。

秋を感じさせるものはいろいろあるが、なかでも、きのこは、その最たるものだと思う。

山道を歩くときには、いつも足下に注目している。

でも、必ず見つかるわけではなく、色や種類もまちまちで千差万別。

見つけにくいという、“希少性”があるから、余計気になる。

もっとも、別に食べるつもりはないので、食用のきのこを探しているわけではなく、いろんな種類のきのこを見てみたいというだけだ。

そういったこともあって、きのこに関する本を読むことは多い。

そんなきのこの中で、一度、ちゃんと見てみたいと思っていたのが、ベニテングタケだった。

きのこが擬人化されるとき、モチーフにされやすく、有名な例としては、ゲームのスーパーマリオブラザーズでも登場(Wikipedia英語版)している。

まさに、きのこらしいきのこ…ベニテングタケを、先日ニセコに行った際にようやく見つけることができたのだ。

この存在感、期待通り。

みんなに知られた存在でありながら、毒を持ってるあたりも、媚びてない感じで良い。

また、ぜひどこかで出会えることを祈りつつ、今回の見出し(ヘッダー)写真にしてみた。


 

(※)
実は、このきのこは、テングタケ科のきのこのようですが、ベニテングダケではないようです。こちらのサイトに載っている“ドクベニダマシ”に似ています…。いつか、正真正銘のベニテングダケを見てみたいです…(2015/03/01)

4 thoughts on levitra pills online[社会の窓]秋=きのこ=ベニテングタケ(※)

  1. 本物が見てみたいですね~。
    毒があると知っていても
    「キレイ」とか「かわいい」って言葉が出てくるか、自分で試したいですね。

  2. ≫ planarさん
    このきのこ、毒があるくせに何だか気になるんですよね。
    僕の場合、見つけたとき「おおっ!」って口を突いて出てきました(笑)

  3. 写真をみる限りそのキノコはテングタケ科の「ベニテングタケ」ではなくベニタケ科の「ベニタケ」です。一度お調べなさってください。

  4. ≫ 名無しさん
    ご指摘ありがとうございます。キノコは詳しくないもので、正直、自信はないのですが、ネットに掲載されている写真を比較して、ベニテングダケと判断した次第です。笠が広がっているベニタケと比べると、ベニテングダケのような気がしまうのです。間違ったまま載せているのはよくないですし、もしよろしければ、ベニタケと判断できるポイントを教えてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください