3902 「〈遊ぶ〉シュルレアリスム展」を鑑賞

朝から雨が降ったり止んだりの今日、新宿へ向かった。

着いた場所は、損保ジャパン本社ビルの東郷青児美術館

今日まで開催していた、「〈遊ぶ〉シュルレアリスム展」の鑑賞のためだ。

“シュルレアリスム”というと、どこかちょっと取っつきにくいという印象があるが、果たしてどうなんだろう?

美術館は超高層ビルの42階にあるので、曇ってるとはいえ、見晴らしはいい。

まず、最初の展示室は、シュルレアリスムの誕生から。

シュルレアリスムのリーダーともいえるアンドレ・ブルトンら数人で行った実験、「甘美な死骸」という作品は、とてもわかりやすかった。

いわば“言葉遊び”で、偶然できたフレーズ「甘美な」「死骸が」「新しい」「ワインを」「飲むだろう」という言葉からできあがったものだ。まさに、この展覧会でいう“遊び”の要素そのもの。

シュルレアリスムには、こうした遊びや偶然性を持ち合わせていることがわかる。

そして、展示は次の展示室へ…。

シュルレアリスムの基本には、オブジェの表現と思想があったという。

オブジェとは、“物”のこと。 用途も機能、役割を持たず、ときには意味すらない物を指す。

マルセル・デュシャンのレディメイド「泉」という作品が例に挙げられていたが、これは、男性用便器に、題名と署名入れただけのもの。

これを展覧会に持ち込まれたとたん、本来の用途から解き放たれ、オブジェになるというのだ。

なるほど、おもしろい!

コラージュについて扱った展示室もも、考えさせられた。

そもそも、コラージュとは、「糊で貼ること」を意味するフランス語だ。

たがいに無関係なものどおしが、ひとつの平面上で、思いがけない出会いをすること。それは偶然のたわむれ(=遊び)でもあり、驚異と不思議の体験でもあり、ときには運命的な出来事でもあります(p.50)

コラージュの作品をいくつか見ていたら、ふと既視感を覚えた。

それは、東日本大震災で津波によって被災した地域の光景と重なったのだ。

“超”現実として、芸術であったはずの世界が、現実の目の前に広がってしまった恐ろしさ。胸が締め付けられるような思いがした。

シュルレアリスムにもっとも影響を与えた作家として、サルバドール・ダリとルネ・マグリットが紹介されていたが、その対比の説明が、すごく印象的だったのでメモ。

ルネ マグリット
・透視 錯視
・一歩引いて絵を考える
・乾燥と冷却

サルバドール・ダリ
・凝視
・もろに絵を描く
・粘着と凝固

ちなみに、ルネ マグリットは、彼の名前を知らない中学か高校生のころ、新聞に彼の作品が載っていて、なぜかその絵がとても気に入り、切り抜いてずっと取っておいた思い出がある。

前述の、マルセル・デュシャンのレディメイド「泉」のように、自分で作った作品を展示する台もあった。

どんなものでも、そこのタイトルを付ければ、それだけでオブジェとなるのだ。

僕はもちろんダミーを置かせてもらった。

この写真を撮ったあとで、タイトルを失敗したことに気がつく。

現在がダミーなわけで、それに同じタイトルを付けては意味が無い! 置かれた便器に「便器」というタイトルを付けたら、ただの便器になってしまうではないか。

小さな子供たち向けのワークショップなどもあり、思ったより楽しめた。

あり得ないようなことが、目の前にあったとき、人は自分の持ってる“常識”と照らし合わせ、理解しようと必死になる。

そのプロセスを楽しむのが、シュルレアリスムなのかな…と思った。

東京都新宿区西新宿1-26-1

2 thoughts on female cialis uk3902 「〈遊ぶ〉シュルレアリスム展」を鑑賞

  1. ご記憶いただいていて、光栄です(^^)
    初訪問の際のお言葉がとても感じよくて、また寄らせていただきました。いろいろ興味深い日記を書かれているので、少しずつ読ませていただきますね。

    さて、この展示は24日に行きました(1日違いでしたね)。
    画家さんご一同の写真が、非常に得体のしれない強いオーラを醸し出していましたね。
    しかも説明ボードの番号が不規則なところまでシュールでした。

    お子さん連れの方が多かったですね。
    父「これはどんな人が描いたんだろうねえ」子「おばけ?」
    的な会話があり、ああ子どもにはそんなふうにも映るのかと思いながら観ていました。
    まだ常識が固まっていない年代の言葉は楽しいですね。

  2. ≫ 葉桜さん
    ありがとうございます。
    見知らぬ他人のブログにコメントを入れるのは、ハードルが高いものですから、こうして再訪いただいたうえに、身に余る言葉までいただけて、こちらこそ光栄です。
    葉桜さんも行かれたんですね。けっこう混雑してましたね。
    画家さんご一同の写真…見ました。ある意味強烈でした。シュルレアリズムの原点がだったんでしょう。
    小さな子供にはちょっと難しい気もしましたが、意外と楽しんでいたようですね。
    「常識が固まっていない年代の言葉」…ほんとそうですね、いろんな気付きがあって楽しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください