3882 褒められれば嬉しい

物思いに耽る(雑感)

先月、京浜東北線南浦和駅で、電車とホームに挟まれた女性を救出するために、その場に居合わせた乗客たちが、駅員と力を合わせて、電車を傾かせたというニュース。

たしかにすごいことではあるけど、僕が居合わせても同じように行動すると思うし、日本でなら、あり得ることだと思うが、これが世界を絶賛させたという。

こういったニュースに限らず、海外から、日本がどう見られているか?というのは、けっこう気になる。

最近、テレビ東京の「Youは何しに日本へ?」をよく見ている。

タイトル通り、海外からやってきた外国人に、日本に来た理由をインタビューするという番組だが、多くの外国人が、日本という国に好意を持ってくれていることがよくわかる。
昨日の昼ごろ…。

外国人のご婦人3人組が、地図を片手に、日本人女性に道を尋ねていた。

どうやら、どうも尋ねられた日本人女性も、場所がわからないようだったので、どこに行きたいのか聞いてみると、先日クラゲを見つけた浜離宮だった。

それほど離れていないものの、たしかに、この場所からは、直接見えず、ちょっとわかりにくかったので、少しだけ一緒に歩いて、案内することにした。

例によって、「どこから来たか?」聞いてみようと思ったら自ら、

「Italy!」

と教えてくれた。特に話すことがない…というか話せないので、

「Welcome to Japan!」

と言うのが精一杯だった…情けない。 でも浜離宮の場所を指差すと、口々に、「Thank you」とか、たどたどしい日本語で「アリガト」と笑顔で言ってくれた。

僕は、以前から、道に迷ってそうな外国人を見掛けたときには、会話は通じないのを覚悟の上で、どこに行きたいのかを尋ねるようにしている。

それは、僕自身が海外の現地の人から、親切に教えてもらって嬉しかったので、日本に来た人たちにも、同じ気持ちになってもらいたいから。

道案内して喜んでもらえることは、僕が日本を代表して評価してもらっているような気がして、すごく誇らしく思うのだ。

Posted by ろん