3871 東京タワー“ドラえもんライトアップ”

建築・都市, 芸術・デザイン

夜、何気なく東京タワーを見たら、いつもとは違うライトアップ。

青、白、赤…そして、大きく丸い黄色…?

近づいてみると、大展望台のところには、あの鈴が…

調べてみたら、明日から、東京タワーで、生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」が開かれるのを記念して、21日までの期間限定で、東京タワーが「ドラえもん」色にライトアップされるということだった。

正確に言えば、東京タワー自身に取り付けられたLEDが光ってるので、ライトアップと呼ぶのには、ちょっと抵抗を感じるが、このライトアップは、よく考えられている。

色の組み合わせと、大展望台の窓1枚1枚を“ドット絵”で表現するなんて、うまい。

色だけだとインパクトは弱いが、ここに鈴の絵を持ってきたことで、一気にドラえもんのイメージに近づく。

一方、東京スカイツリーでも特別なライトアップはあるものの、高さが高すぎるせいか、ライトアップでできることは限られ、どうしても、東京タワーのような面白味には欠ける。

これからも、いろんな工夫で、見る者を楽しませて欲しい。

ただ…東京タワーの周囲から写真を撮って帰るというのでは、東京タワーにとってちっとも儲からない話。けど、こうして結果的に宣伝をしてることを考えたら、必ずしも東京タワーにとって、“持ち出し”ばかりではないはずだ。

Posted by ろん