3869 1分弱のできごと

日常生活, 物思いに耽る(雑感)

エレベータは、見知らぬ他人と乗り合わせる場所だ。

到着フロアまでの、十数秒から1分弱のあいだ、この狭い空間を共有する。

まさに一期一会。

エレベータの扉が閉まり、外部の喧噪が遮断され、ふと静かになる。

エレベータのカゴの位置を示すランプを見てる人…。

目をつぶって待つ人…。

一心不乱に携帯に文字入力してる人…。

わずかな時間、狭い世界ながら、さまざまな過ごし方がある。

その静寂が破られ、扉が開く。

目的のフロアだった人は、軽い会釈や「すみません」の言葉とともに、出ていく。

先日のこと。

扉付近には、若い女性が立っていたので、[開]ボタンを押して、その出ていく人を見守る。

逆に、このフロアからは乗ってくる人はいなかったようだ。

次の瞬間…。

僕が想像と、ほんのちょっと違った出来事が起きた。

ダ! ダ! ダ! ダ! ダ!

扉付近にいた若い女性が、やけに力強く[閉]押しボタンを連打したのだ。

まぁ、別に悪いことではないのだけど、その女性の雰囲気に似つかわしくない力強さに、ちょっと戸惑ったのだ。

全員が降りる1階に着いた。

さっきの様子を見た僕は、できるだけ急いで降りた。

なぜか、ちょっとドキドキしながら。

Posted by ろん