3861 土管の中を走るリニアと割り切った駅

いまから14年後の開通を目指している、リニア中央新幹線でこんなニュースが伝えられてきた。

リニア新幹線、車窓の光景は“最悪”?富士山など夢の夢…沿線自治体ブーイング、ひたすら“土管”の中

JR東海が平成39年の開業(東京-名古屋間。 名古屋-大阪間は57年)をめざすリニア中央新幹線で、地上走行区間の軌道を「土管」のようにコンクリート製の防音フードですっぽり覆う計画に、 沿線の自治体から不満の声が噴出している。
(中略)
「下水道管という感じ」 横内正明・山梨県知事は、防音フード計画を酷評する。

 

最高時速500kmで走行するリニア新幹線の騒音はどうしても大きくなる。従来の新幹線がスピードアップできない理由のひとつが、騒音問題だ。

そのため、リニア新幹線の出した答えが、地上走行区間はすべて、コンクリート製フードで覆うということだった。

地元はこれに反発したのだ。 肝心なリニア新幹線が見えないし、地元の景色も見えないじゃないか…と。

地元の言い分も分からなくはない。

けれど、リニア中央新幹線のそもそもの目的は、東京と名古屋、大阪を最短時間で結ぶことである。

景色を見せるのは目的ではない。また、その目的のために騒音をまき散らすことも許されない。

その結果、“土管の中”を走ることになるのは当然の帰結だろう。

この話には伏線があった。

リニア新幹線沿線の各県に1つずつ駅が設置されることになっているが、当初、建設費はJR東海が負担するか?、地元が負担するか?と揉めたものの、結局、JR東海が全額負担することに決まった。

そして、JR東海から出てきた駅の案が、すごかった。

従来の新幹線の駅とは、似ても似つかぬ、徹底的に切り詰められた姿だった。

割り切ろうと思えば、ここまで割り切れるのだ。

まず、駅の出入口は1カ所だけ。切符売り場も、待合室もなく、あるのはトイレのみ。駅に入ったら、エレベーターやエスカレーターで直接ホームへ…。

リニア新幹線には、自由席車がなく、乗車券は事前に予約する方式のため、切符を販売するスペースも不要と考えられた。

ここまで割り切られると思わなかったか、山梨県知事は、「駅に待合所はあるべきだ」という主張も飛び出すも、JRは譲る気はないらしい。

なぜなら、JRが全額負担するからだ。必要と思うのなら、必要と思う者が作ればよいという考5えだ。

このリニア新幹線の目的を達成するためには、できるだけコストを掛けないようにすべきなのも当然の話だ。立派なリニア新幹線ができても、赤字では意味がない。

僕は、つい鉄道会社側に肩入れしてしまうのだけど、どう考えてもJR東海側に合理性がある。

どうも、地元首長の発言は、自分たちは利益を享受するけど、負担は企業に押し付けようとしてる…そんなふうに見えてならない…というと言いすぎかな。

押しつけるのではなく、むしろ、自治体側がうまく“利用してやろう”くらいの気概であってほしい。

4 thoughts on online cialis uk3861 土管の中を走るリニアと割り切った駅

  1. ろんさん
    移動のための装置と割り切れば、こんな構造になるのかも?
    ひと昔の科学図鑑であった、チューブ列車の現実版がこれですね。
    バードストライク等の安全性を考えると、こんな形になるのですね。
    夢より現実。ちょっと寂しいですが。
    ネット社会で移動すること自体が必要なくなって、
    その中で最小限のコストで人が最短時間で移動するための装置としてはなむを得ないのかな。
    観光目的は門前払いでなく、富士山ぐらいは見たいなあと思いますが。

  2. ≫ planarさん
    そうですね。たかだか40分ちょっとですからね。
    地下鉄での移動と大して変わらないわけですし、仰るような理由も含めて、これが正解だと思います。
    景色が見えなくなるよりも、きちんと在来線も、“選択肢”として残してくれる方がありがたいと思います。
    今回の場合は並行在来線がないですけど、整備新幹線の場合、開通後はとたんに不便になりますからね…。

  3. ≫ A棟住人さん
    そう思います。やるならとことんやるべきです。中途半端ってのが一番よくないです。逆に、ここまで無駄をそぎ落としてしまうことは、むしろ“全責任を負う”、“退路を断つ”という意思表示にも見えて、潔さすら感じます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください