重機の世界/高石 賢一

重機の世界
重機の世界

posted with amazlet at 13.06.21
高石 賢一
東京書籍
売り上げランキング: 207,519

 

建設現場や工事現場で働くさまざまな重機。

大人も子供も、男なら一度は気になる存在になるもので、この前の金曜日から行ってきた箱根では、鈴廣かまぼことのコラボで、小さな子供向け?に、トラックとブルトーザのかまぼこが売られていた。

「パワーショベル」、「ブルトーザ」くらいは、実物と名前は一致するだろうけど、「ホイールローダ」、「モーターグレーダ」と言われても、ふつうピンとこないだろう。

ひとまとめに呼んでしまっている「クレーン」は、「タワークレーン」、「ラフテレーンクレーン」、「クローラークレーン」、「モバイルクレーン」に分かれているなんて、関係者か、よほどのマニアでなければ、意識することはないだろう。

これは、重機マニア…おそらく、マニア初心者向け?に書かれた、重機解説本だ。

初心者向けだと思ったのは、おそらくマニアなら、これくらいのことは常識だろうから。

各重機の正式名称、できること、どこで働いているか、どういったバーツによって構成されているか、美しく豊富な写真とともに、あますところなく紹介している。

ちなみに、パワーショベルを「ユンボ」と呼ぶのを聞いたことがあるが、これは商標だとあったので調べてみたら、レンタルのニッケンによる登録商標だった。

また神田に重機の模型専門店があるということも知ったので、ぜひ近いうちに行ってみたい。

2 thoughts on for sale ventolin重機の世界/高石 賢一

  1. ロンさん

    建機の魅力に取り憑かれるのは不思議と幼少期の子供と高めの年齢層が多いような印象をうけます。感性に響く何かがあると思うのですがその正体はいったい何なんでしょう??
    ロンさんには追々探求していただけたらな、なんて思います。

  2. ≫ ぶりさん
    幼少期の子供に人気なのは、ヒーローものへの人気に通じるものがある気がします。
    ふつうの人間ではけっして出せない力を、こともなげに発揮してしまう姿が重なるように思えるのですがどうでしょうか?(笑)
    以前にも増して、関心が出てきた気がします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください