[社会の窓]道明寺

今日は3月3日雛祭り。

特段、僕には祝う必要はないのだけど、せっかくなので?、スーパーで道明寺と桜餅を買ってきた。

以前から、道明寺というこの名前が気になって仕方がなかった。

調べてみると、そもそも道明寺というのは、名前の菓子(餅)そのものの名前ではなく、“道明寺粉”という、もち米を乾燥させて砕いた粉が先にあって、それから作られた桜餅のことを指すのだという。

で、その道明寺粉は、大阪府藤井寺市の道明寺で保存食として最初に作られたのが起源とのこと。

そういった背景があるため、関西地方では桜餅=道明寺ということになるらしい。

一方、関東では、東京都墨田区向島にある長命寺が発祥の、小麦粉で作ったクレープ状の薄皮でこし餡を包んだものを桜餅と呼んだそうだ。つまり、桜餅=長命寺ということになり、関東では、わざわざ“長命寺”と呼ばれることはない。

だから、今日買ってきたスーパーのパッケージが、このようなことになるわけだ。

道明寺は行ったことがないけど、長命寺には一昨年七福神巡りで行って、長命寺桜餅もをいただいたことがある。

ちなみに、塩漬けにした桜の葉…食べるのがいいのか食べない方がいいのか?

僕は、一緒に食べるのが普通だろうと思っていたが、長命寺桜餅のサイトによれば、食べ方に決まりはないとしつつも…

当店では、桜葉をはずしてお召し上がりいただくことをお勧めいたします。

とのこと。

ちょっと意外だった。

4 thoughts on order zithromax online[社会の窓]道明寺

  1. 西日本出身の私にとっては関東でいう「道明寺」こと桜餅ですので
    羽田空港でクレープ状の生地を使った“桜餅”を見かけた時には
    かなり興奮した記憶があります(笑)
    そういえば、関西では肉まんの事を一般的に「豚まん」と呼称しますが
    元々牛肉を食す習慣だったため、肉を区別?するための措置だとか。
    (肉まん=牛肉という勘違いを避けるため)
    呼び名の違いは土着の文化を大事にした結果かもしれませんね。

    ちなみに長命寺の桜餅に限っては私も葉っぱを外していただきます。
    何となく塩漬け加減が足りないような気がするんです…
    それに、3枚も使われていて本体の味が無くなってしまいそうなので。

  2. ≫ がんちゃん
    ふたたびダウンしてしまってお返事が遅くなってしまって申し訳ありません…。
    そもそも、西日本では「道明寺」こそ桜餅であって、道明寺という言い方すらないようですね。
    肉まんのことは知りませんでした。こちらでは「豚まん」という呼び方が混在してしまってますが、きちんと違いがあるんですね。

    長命寺の桜餅の葉っぱですが、それほど“味付け”としての意味は、ないんですかね…。長命寺の本家自身がそう言ってるのだから、余計間違いないんでしょうけど…(笑)
    たしかに、外していただいたほうが、本体の味がハッキリわかって美味しいのですけどね。

  3. こんにちは、西日本でも山陰地方の桜餅は関東のクレープタイプです。関西風は道明寺と区別します。なぜかというと、有名な茶人で松江藩主の松平不昧が、江戸で生まれた人気の桜餅を、茶菓子としていち早く国に持ち込んで普及させたからで、道明寺が生まれたのはそれより100年くらい後になるからだそうです。桜餅に歴史ありですね。

  4. ≫ さやかさん
    はじめまして…ですかね。コメントありがとうございます。
    お返事が遅くなって申し訳ありません。
    そのエピソードは初めて知りました。山陰地方の桜餅は長命寺なんですね。
    古い時代に普及して、そのまま各地域にそのまま根付いてしまう…なんだかすごく面白いですね!
    まさに、桜餅に歴史ありです…楽しいお話ありがとうございました。
    また、なにかありましたら、コメントいただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください